こんにちは。

ピナイ家政婦サービス編集部です。

 

台所のシンクの排水口は毎日掃除しないと、いつの間にかヌルヌルになって臭いの原因にもなりますよね。

筆者は排水口のフタやカゴの部分は洗うのですが、その下の部分のお掃除を忘れてしまうことがよくあります。

 

今回は、洗剤を使わずに排水口のぬめりを防ぐことで節約&お掃除の時短にも役立つ方法を紹介します。

 

 

アルミホイルを小さく丸めて排水口に置くだけ

 

用意するものは、アルミホイルだけです。

アルミホイルを用意します

アルミホイルを適度にカットし、ぐしゃぐしゃっと丸めて2~3個の玉を作ります。

アルミホイルはふんわり丸めるのがコツ

あとは、このアルミホイルの玉をシンクの排水口にポイッと投げ込むだけ。

シンクの排水口に、丸めたアルミホイルをポイポイっと適当に投げ込んでおくだけ

 

これで終了。アルミホイルが水と反応することで発生する物質を活用した効果だそうですが、ぬめりがなくなれば、イヤ~な臭いもなくなり気持ちよくお料理できそうですね。

1カ月後の排水口がこちら。

1か月後の排水口の状態

 

少しゴミはついていますが、ヌルヌルはありません。

アルミホイルは汚れていますので、気になる方は1カ月に1回交換してください。

 

なお、この方法を試す際、アルミホイルの玉を小さくしすぎると排水口に流れていってしまう可能性がありますので気をつけてくださいね。

 

ではまた来週!

 

ピナイ家政婦サービス編集部

 

参考関連記事

フィリピン人家政婦のお掃除テクニック【ラップを使った裏技】について紹介しています