パタハラとは何か

パタハラとは、パタニティーハラスメント(Paternity=父性、Harassment=いやがらせ)の略です。男性の育児参加が望まれる現代において、父性を発揮する機会(育児)を職場の上司や同僚など阻害される言動や不当な待遇措置の事をいいます。

女性の産前産後に関するいやがらせをマタハラ(Maternity=母性)と呼びますので対になる存在です。パタハラは、男性の育児休暇や、育児を目的とした短時間勤務の活用に関して発生することが多いようです。

 

 

男性の育児参加は2017年から変わった

2017年1月1日から、育児・介護休業法が改正されます。また、育児休暇の取得などもあわせて同年10月1日から全面施行されます。(詳しくは厚生労働省を参照ください

これによって以下の点が変更されます。

(旧)事業主による妊娠・出産・育児休業等を理由とする不利益取扱いは禁止

(新)上記に加えて、上司・同僚からの、妊娠・出産、育児休業、介護休業等を理由とする嫌がらせ等(いわゆるマタハラ・パタハラなど)を防止する措置を講じることを事業主へ新たに義務付け。

明確にパタハラに対しての追記事項があり、女性の社会進出≒男性の家事・育児参加の推進が伺えます。また、10月から事業主(企業)に対して、子どもが産まれる予定の方に向けて育児休業を知らせる努力義務が追加されます。

「子どものお迎えがあるので(定時・時短で)帰ります」と言いやすい環境や、意識改革が進んでいます。

 

パタハラに関する法例

マタハラやパタハラに関する訴訟についてですが、給与や待遇・役職で不当な扱いがあった場合は、比較的原告の訴えが通るようです。

2014年に、男性看護師の育児休業に対して昇給等の機会を与えなかった事に対して不当とする判決が出た事もあります。(参考:労働基準判例

?毎日のように勤めている会社に対して訴訟したいとは思わないかもしれませんが、事業主と雇用人・個人と法人では異なる立場なので、出産に関する企業の対応には、なるべく証拠(録音等のエビデンス)を取っておくと良いでしょう。

 

なぜパタハラが起きるのか

統計情報ではありませんが、パタハラが起きる理由として家事・育児に積極的では無い方が、イクメンに対して「同じように家事に参加しないといけなくなる」という危機感から、男性の家事育児参加に否定的になるようです。また、上の世代の方は専業主婦家庭なので、価値感の違いから共働き家庭への不理解が考えられます。

いずれにしても、家庭に積極的でない方の自己防衛とも言える行動や言動になるので理解を深めて頂くことが何よりの解決手段なのかもしれません。

「能わざるに非ず、為さざるなり」という言葉からも、パタハラを起こす当人は家庭への参加から逃げていると言えます。

 

男性の育児参加の啓蒙活動を行っている組織のご紹介

job_hofu

育児休業したいけど、会社はそんな雰囲気じゃない。という方に、後押しになる組織のご紹介を致します。

会社の上司に、男なんだからしっかり稼いで家庭に還元という言葉で一蹴されるなんて事もあるので、理解頂くための手助けとして非常に有効です。

厚生労働省:イクメンプロジェクト

スクリーンショット 2017-05-24 10.25.46

男性の育児参加は国策なので、厚生労働省が積極的に情報配信・相談を行っています。なお、育児・介護休業などの制度案内は、各都道府県の労働局雇用環境・均等部が対応しております。ここはマタハラ・パタハラを含む各種ハラスメントに関する相談窓口でもあるのでお住いの地域の電話から問合せることができます。

 

NPO法人ファザーリングジャパン:fathering.jp

スクリーンショット 2017-05-24 11.06.05

2017年で設立10周年となるファザーリングジャパンは、「子どもが生まれ、父親になったら、仕事も育児も両立しながら楽しんで生きていきたい」という男性を支援する特定非営利活動法人(NPO法人)です。

父親の育児参画や、ワークライフバランスなどに関わる、セミナー開催、メディアによる啓蒙活動、書籍の出版などを行っています。キャリア形成や、共働き家庭の生き方に関して興味がある方はぜひチェックしてみてください。

また、法人向けにイクボスプロジェクトという活動を行っており、男性の育児参加を支援する企業支援と啓蒙活動を行っています。企業の代表や中核の役職者のインタビューは必見です。