ピナイ家政婦サービスでは、「家事分担」をテーマに、夫婦の価値観を探るインタビューを行っています。

今回は、第二子が産まれて幸せ一杯の西田夫婦(仮名)に訪問インタビューを行いました。

共稼ぎの中で、お互いに満足度の高い家事分担を実現している背景にはお互いを理解した深い関係性がありました。

生活を見直したいと考える方へ、お読みいただければ幸いです。

[家族構成]

夫:40代 エステサロン経営

妻:40代 飲食店店長(現在は育休中)

長男:10歳
長女:0歳(翌年から保育園予定)

s_IMG_3325

[インタビュー]

 家事分担について、まずは現状の生活を教えて頂けますか?

 

夫:僕は大体6時半ごろに起きて、料理を作ったりしていますね。9時始業なので子どもを送り出す準備をしています。今は育休中なので妻が子どもの送り迎えを担当しています。

妻:日中の掃除・洗濯はわたしが担当しています。料理は夕食も夫が作ることが多いのであまり手をつけていません。味噌汁くらいは作れますし、弁当を作っていた時期はありますが、そもそも料理が得意じゃないのでレパートリーが少なくて任せています。

 

現在の「家事分担」は100点中何点くらいですか?

 

夫:えーっと、90点くらいじゃないですか。もうちょっと料理してくれたらと思いますけど。うるさい事言わないし、自由を尊重してくれるので満足はしてますよ。

自由を尊重というと、具体的には?

 

夫:大きいので言うと会社を興したりですね。長男が産まれた後に、相談もあまり無い中で起業したのでビックリしたと思います。あと、最近は突然フルマラソンに挑戦し始めたんですけど何にも言いませんね。

 

奥様の満足度は?

 

妻:90点ですかね。夫は行動力があるし、わたしよりも几帳面な人で、行き当たりばったりなところを上手くバランス取ってくれている気がします。

夫の方が綺麗好きですが、掃除も2日に一回のペースがお互いに染み付いてて、誰が言うまでもなく動く感じになってます。午前中に一気に片付ける事が多くて子どもが寝ていようが関係なく片付ける感じです。

 

満足度が高い理由は家庭環境?

男性の方が几帳面で家事好きという関係はあまり多くないと思うのですが、ご自身でどんな理由があると思いますか?

妻:家庭環境なのかもしれません。わたしの親はシングルマザーだったから、家事らしい家事も教わること無かったので一人暮らししても家事は得意じゃなかったですね。

夫:僕の家庭は専業主婦だった気もしますけど。あんまり家にいた記憶無いですね。帰宅したらおばあちゃんが居た事が多くて。家事は自分でやってました。

大学生の時から34で結婚するまで一人暮らしだったので、掃除・洗濯・料理は人並みには出来てましたし、子どもがいる今よりはモノの量もあるけど綺麗だった気がしますね。

結婚する前、妻の家に一回だけ行ったことがあって、ほんとゴミ屋敷かと思うくらい汚かったので二度と行く事は無かったですね。

それでなのか、家事についてはほとんど期待してなかった。

結婚すると決めた時には自分が家事をすべてやる気でいたので、今でこそ主婦やってもらってるだけでありがたいと思ってはいますよ。

 

趣味や育児について

家事とは話題が変わりますが、子ども中心の生活となっているかと思いますが、ご夫婦で共通の趣味にしている事はありますか?

夫:うーん、旅行くらいですかね。年1回ペースですが。基本的に僕がアウトドアな趣味が多くて、結婚前からとりあえず連れ回す事が多いですね。さっきも話しましたが、フルマラソンも始めたので、長男とホノルルマラソンを目指して、最近の休みの日は走ることが増えてきましたね。

 

育児や教育についての質問です。家の中での行動は子供の教育学習に影響があると思うのですが、普段からどんな子に育って欲しいと考えていますか?

妻:愛嬌のある子に育って欲しいとは思います。人の気持ちが分かって考えられる人ですかね。

夫:長男に関しては家事を普通にやる男でいて欲しいと思ってます。難なく生活出来るように、家事を当たり前に出来るのが理想です。

長女は10ヶ月なのですが、エステサロンの店持ってるので、経営して欲しいなと思ったりしてます。

 

インタビューは以上になります。ありがとうございました。

二人:ありがとうございます。

 

 

参考関連記事

「私は私のために働き続けたい」夫と家事分担するまでの軌跡について紹介しています

年収1000万の夫は専業主婦の家事を手伝わなければいけないか?

家事・育児が理由で離婚まで至る共働き夫婦について