最近では、家事代行サービスを利用する方が増えています。共働きの家庭や一人暮らしの高齢者にとって家事代行は嬉しいシステムですが、贅沢をしている抵抗感や家事代行サービスならではのトラブルもあるため、ここでは家事代行で想定されるトラブルと回避する方法を紹介します。

6d21607cbb1d304068d540e343f87825_s

 

家事代行で行う内容とは

 

家事代行とは家事全般をしてもらえるイメージですが、家事代行でもできないことがあります。家事代行で依頼できる内容を判断する基準の一つに、作業の内容が「日常的な家事の範囲か」「専門性があるものか」ということです。例えば下記のものがあげられます。

 

 

・買い物、料理の作り置き

・食器洗い、片づけ

・水回りの清掃

・部屋の片づけ、掃除

・洗濯、アイロンがけ

・窓の掃除、バルコニー、庭の掃除

 

 

この中で、水回りの清掃のルールは業者によって異なるので事前に確認することが必要となります。

 

 

 

次に、家事代行で依頼できないサービスについて説明します。専門性の高いものやハウスクリーニングの業務は家事代行には含まれません。例えば下記のものがあげられます。

 

 

・エアコン・室外機の清掃

・洗濯機の内部清掃

・換気扇内部の清掃

 

 

またその他専門性を求められる業務も家事代行の範囲外となります。

 

 

・介護・介助業務

・自宅での医療行為

・体に触れるサービス

・家庭教師業務

 

 

ペットの世話やベビーシッターは対応可能な業者もありますが、事前に確認することが必要となります。

 

 

どんな人が代行してくれるのか

 

家事代行は近年では女性の社会進出や高齢化社会の影響で家事代行の抵抗感が薄れ、依頼する方も増えてきました。では、家事代行を依頼すると、どのような方が代行してくれるのでしょうか。

 

 

 

一般的に家事代行会社には女性が多く在籍しており、年齢も30代から50代の方が多く、代行業者も安心できる女性を重要視して採用しています。また最近では、日本人の女性に家の中を見られたくない、家事の合間に英会話ができるなどの理由から、外国人労働者も増えてきました。

 

 

 

家事代行業者の多くは事前に研修制度を設けることや評価制度、面接を重要視するなどしてよい人材を確保するよう努力しています。

 

 

 

ただし、世の中の事代行の需要が高まる中で、人手は不足しがちという背景から、企業側の採用のハードルはそこまで高いと言えるものではなく、どうしても優秀な人ばかりを集めるということは現実的に難しくなっているということも事実です。

 

 

その結果、一般的な家事代行の会社には、お客様に提供するサービスレベルを平均化しづらいという問題もあり、特に、最近注目されているベンチャー企業による、CtoC型家事代行サービスなどの、誰でも、誰にでも家事代行を依頼できるような格安すぎる家事代行会社は、その際たる例でしょう。

 

 

 

また、多くの場合、気に入った家政婦さんを指名する場合に追加で費用がかかったりもするため、HPに目立つ形で表示されている費用だけを鵜呑みにしないことも重要です。

 

 

 

【宣伝】その点、ピナイ家政婦サービスの場合は、家政婦の100%が、家事代行において先進性が高く、慣れない日本人よりもずっと高等な教育を受けているフィリピン人スタッフであるため、費用はリーズブルながら、高いサービスクオリティを担保できていることで、お客様から好評いただいております。

 

 

家事代行で起こるトラブル

 

どんなによい家事代行業者でもトラブルが起こることはあります。ここでは、家事代行で想定されるトラブルを紹介します。

 

・家事代行トラブル1 料金について

キャンペーン期間中の料金や超過時間分の追加料金に関するものです。料金のトラブルは家事代行業者と利用者の認識のずれにより起こるケースが多くあります。

 

 

・家事代行トラブル2 物の紛失・破損トラブル

担当者が食器や家具、掃除機などの掃除道具を破損させた場合や必要なものを処分してしまうものです。

 

 

・家事代行トラブル3 担当者とのトラブル

「プライベートに干渉してくる」「作業中に子供がけがをした」など、担当者の人柄に不満を抱くケースです。

 

 

 

トラブルにならないために注意すること

 

上記にあげたトラブルに遭わないために、注意する点についてご紹介します。

 

 

 

 

・家事代行トラブル回避方法1 家事代行会社との打ち合わせは念入りに

料金についてのトラブルは家事代行会社と綿密に打ち合わせを行うことで回避できます。不安なことや疑問は依頼の時に見積りとともに確認することが大切です。万が一、トラブルになった時は家事代行会社との話し合いになりますが、解決しない場合は消費者センターなどの専門機関に相談する方法もあります。

 

 

 

 

・家事代行トラブル回避方法2 作業環境を整えることも必要 

貴重品の管理は作業場所以外で保管して、担当者に触れてほしくないものや、捨ててほしくないものは事前に説明することが大切です。他にも子供や高齢者がいる場合は、作業時は別の部屋に移動させることや住民の動線を担当者に知らせて注意を促すことも必要です。

 

 

 

 

・家事代行トラブル回避方法3 担当者とのコミュニケーションが大切

担当者の人柄に不安がある場合は、コミュニケーションを図ることが大切です。家事代行は業者と考え、サービスの質に重点を置いて、担当者の人柄を気にしないこともトラブルを避ける方法です。どうしても不安を感じる場合は、担当者を変更してもらうこともできます。

 

 

 

 

 

家事代行を上手に使うために

 

家事代行を利用したいと考えていても、他人を家に上げることやトラブルの話を聞くと躊躇するのも事実です。家事代行のトラブルを気にせず、安心して使うには代行業者と担当者とコミュニケーションをとることです。ここに紹介したことを参考にして、快適に家事代行サービスを利用してください。