※本記事は、原案のライター本人による修正が難しいため、当社で修正・追記しました。(追記:太字)(削除:訂正線

 

 

家事代行は「贅沢」「家事を怠けている」「知らない人を家に上げるのは嫌だ」「旦那に反対されそう」「義理両親にとやかく言われる」「同じマンションの住人の視線が怖い」「会社の同僚に相談したら否定された」「そもそも家計簿に謎の出金」「その上で旦那と二人目の計画」「節約とか節制してどうかなる話?」…と考えられていて。

 

 

 

ニーズが広がりませんでしたが、現代では女性の社会進出や高齢化の影響で、家事代行は特別なことではなくなりました。(20XX年現在)家事代行は自分の時間を有効に使いたいと考えている方や、買い物や掃除が難しい方に便利なシステムです。

 

 

 

家事代行で行う内容とは

 

家事代行で依頼できる内容を判断する基準の一つに、作業の内容が「日常的な家事の範囲か」「専門性があるものか」があります。

 

・買い物、料理の作り置き

・食器洗い、片づけ

・水回りの清掃

・部屋の片づけ、掃除

・洗濯、アイロンがけ

・窓の掃除、バルコニー、庭の掃除

 

 

 

以上のような普段生活する中で日常的に行われていることは、家事代行に依頼することができます。混同されることが多いエアコンや換気扇の内部の清掃などは、専門のハウスクリーニングの業務となり、ペットの世話やベビーシッターは代行業者によって対応が違うため確認することが大切です。

 

 

 

どんな人が依頼している?

家事代行を依頼している方は、高齢者や妊婦、独身者や共働きの家庭です。どんな方でも利用できる家事代行は多くの方から注目を集めています。

 

 

 

■家事代行を依頼している人は

・独身者:

 

フルタイムで仕事をしている独身男女です。女性は一週間分の食事を作り置きしてもらう依頼が多く、男性は掃除や食事を依頼しています。一人暮らしで仕事帰りに家事する暇がないことが多く外食が続くと健康面が気になるため、週に一回程度のペースで依頼する方が多くいます。

 

 

 

・妊婦:

 

妊娠中は普段の家事も辛くなります。無理をすると母体や赤ちゃんへの悪影響もあるため、定期的に、または、産前産後の最もストレスのかかる1,2ヶ月程度、家事を依頼して体やストレスの負担を軽減します。

 

 

 

 

・高齢者:

 

高齢者は、介護ヘルパーさんに依頼できない領域の買い物や掃除、病院の付き添いなど体力的に不安に感じることが多く、家事代行を頼む方が増えています。

 

 

 

 

・主婦:

 

水回りや台所の掃除などをはじめ家事全般を依頼します。来客がある時や家族とのんびりした時間を過ごしたい時、旅行前後の片付け、体調が悪い時に利用するだけでなく定期的に利用する方も多くいます。

 

 

 

 

 

・単身赴任者:

 

独身者と同じように、料理、アイロンがけ、整理整頓、靴磨きなどです。

 

 

 

 

・共働きの夫婦:

 

普段は忙しい共働きの夫婦は、二人でゆっくりした時間を過ごすために家事代行を依頼することがあります。特に子どものいる共働き夫婦は、家事分担の中で二人では解消できない部分が多く外注することで相互の負担軽減・ストレスに役立てています。

 

 

・企業または軽絵者: 

 

多忙という意味で、経営者の方からのご依頼を多数頂いております。それに類するご職業の方も多いです。プライバシー保護のために、詮索されにくい事を理由にフィリピン人家政婦が多く支持されています。

 

家事代行にかかる費用

 

家事代行は料金が高いイメージがあります。ここでは気になる家事代行の費用相場を紹介します。

 

 

 

■家事代行の費用相場

家事代行の費用相場は依頼する内容で異なりますが、時間で計算されることがほとんどです。1時間当たりの費用相場は2,000円〜53,500円で、別に交通費がかかります。作業時間は通常2時間以上からとなります。

 

 

スポットや定期的に依頼すると割引になる場合や、初回お試し料金を設定しているところもあります。家事代行を依頼すると決めたら、何社かに連絡をして希望する家事代行の内容や時間、費用を確認しましょう。

 

 

 

 

■家事代行の費用負担が保険でできる

 

病気や怪我で家事が行えなくなる場合があります。その際生命保険や自動車保険の契約内容によっては家事代行の費用が出る場合があります。家事代行の費用負担の契約を「家事代行費用担保特約」や「家事特約」と呼び、保険で補償される保険金を「家事代行費用保険金」といいます。

 

 

契約書に明記されていれば、保険で家事代行費用を賄える場合があるので、保険会社に確認してみましょう。

 

 

 

 

家事代行は手軽に依頼できる

家事代行会社に電話やネットで連絡をして希望の代行内容や時間、料金を相談する、またはアプリ等で予約ことで誰でも手軽に依頼できます。トライアルがある場合は、トライアル当日に担当者とスタッフが自宅を訪れて、依頼内容の確認のあとスタッフが家事代行を行い、その後継続したい場合は契約をする流れです。

 

 

 

 

トライアルがない場合は、清掃スタッフ担当者が自宅を訪れて、依頼内容と必要な用具の確認などをしてから、見積もりを出します。プラン内容と金額に納得したら契約をしてすぐに家事代行サービスを受けます。事前打ち合わせが無いので指導の手間や、作業配分などに不都合がある場合があるので注意が必要です。料金の支払いはクレジット払いや口座振り込み、自動引き落としなど選択可能です

 

 

 

 

家事代行を気軽に試してみよう!

 

以前は家事代行と聞けば、「高額」「家事を怠けていると思われる」と考えて、依頼することに抵抗がありました。

 

 

 

現代では、家事代行は単身者や主婦、高齢者、共働きの夫婦と幅広い立場の方に支持されています。家事を負担に考えて辛くなる前に、家事代行を依頼して自分の時間をもつことは大切なことです。

 

 

 

自分のライフスタイルや時間を大切にしたいと考えている方は、家事代行を依頼してみるのもおすすめです。

 

 

各家庭の具体的な依頼例についてはこちらの記事もご覧ください