なぜフィリピン人家政婦による家事代行か

ほとんどの会社が日本人の家政婦さんを派遣している中、ピナイ家政婦サービスではフィリピン人の家政婦のみを採用しています。日本人とフィリピン人。家事やお掃除をお願いするにあたって何が違うのでしょうか。

世界標準のフィリピン人家事代行

フィリピン人の家事代行

日本ではあまり知られていませんが、実はフィリピンは世界一の家政婦排出国です。国内にはいくつもの家政婦養成学校があり、卒業した者には医者や弁護士と同じ国家資格が与えられプロの家政婦として認定されます。資格を得た人は欧米や中東・シンガポール・香港・上海などで家政婦として働き、大量の外貨を母国フィリピンにもたらしています。その量はフィリピンのGDPの約10%。フィリピンは卓越した技術を持つ家政婦の国として世界中から熱い視線を浴びているのです。

世界では家政婦といえばフィリピン人が当たり前。フィリピン人家政婦は世界最高のブランドとして、多くの人から認知されています。

日本人家政婦さんで失敗された方へ

日本人のおしゃべり好き

弊社では日本人家政婦さんで失敗された方からよくご相談を受け付けます。

「知らない間に机の上の書類や本棚の本を見られていた。」
「おしゃべりに花が咲いて、全然仕事をしてくれない。」
「いつのまにか家政婦さんが母親みたいなポジションになってしまって、割り切ってお仕事を頼めなくなった。」
「年配の方が多く、あまり動作も機敏でない。仕事量も少ない気がする。」

いわゆる“家政婦あるある”というもの、よくお聞きします。
フィリピン人家政婦さんは日本語での会話はできますが文字が読めない方が多く、書類や本には一切の興味を示しません。(読めないので仕方がないのですが・・・。私たちが英語の書類をサッと見ただけではわからないのと同じです。)

また30台〜40台を中心に比較的若い方が多く、日本人家政婦さんと違って子育て後のアルバイト感覚で働かれる方はあまりいません。これは海外ではハウスキーパーが一つの職業として正しく認知されているからだと思います。
家の家事のついでにやる仕事ではなく、しっかりとプロ意識を持って働くことができるのもフィリピン人家政婦さんの魅力です。

身元の確かな家政婦さんを採用しています

フィリピン人の身元確認

とはいえやはり外国人を自宅にあげるのに対して不安を覚える方が多いのも事実です。日本人はまだまだ閉鎖的な国民性で、異質なものの侵入を頑なに拒みます。
ピナイ家政婦サービスでは面接時に厳格な身分確認を行い、一定の合格にした方のみを採用しています。不法就労の場合はお客様にご迷惑をおかけするだけではく、事業者側も罰せられるという規定があるためです。パスポート・在留許可証・ビザ・日本人の保証人…ピナイ家政婦サービスで働くには厳しい審査に合格する必要があるのです。

家事代行・家政婦サービスのピナイTOPへ

お気軽に
お問い合わせください

Feel free to contact us!
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

お客様に安心してご利用いただけますよう、
ご質問やご不明な点にも丁寧にお答え致します。
まずはお気軽にお問い合わせください。

0120-989-033
受付時間 9:00〜18:00
(土日祝日・年末年始を除く)

※お問い合わせの際は
「家事代行」または「民泊」どちらかの
ご用件かをお伝えになるとスムーズです。

お問い合わせフォーム
お問い合わせフォームからのお問い合わせ

必要最低限の項目をご入力頂くだけで結構です。
メールでのご返答も承りますのでご質問や
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。