japanese english

他社の家事代行サービスの注意点

フィリピン人のみならず家事代行を依頼するにあたって、注意すべきことがたくさんあります。日本人はどうしても危機意識が薄く、安易な気持ちで雇用するとイタイ目を見ることも・・・。

ハウスキーパー応募の張り紙には要注意

フリーランスの落とし穴

人気のフィリピン人家事代行ですが、安易に利用するとトラブルに巻き込まれるケースがあるので注意が必要です。六本木や広尾などの外国人向けスーパーではハウスキーパーやベビーシッターに応募する張り紙をよく見かけます。家事代行会社を利用するよりも安い金額を提示しているケースがほとんどですが、この中には正式なビザを持たなかったり窃盗や盗難を繰り返す悪質な家政婦もいます。(家政婦による窃盗盗難は立件が難しく、逮捕に至るケースはほとんどありません。)

またビザを偽造するなどの不法就労も問題です。張り紙を見て採用する場合は直接雇用になるため、こういったトラブルの処理は全て自分自身で行うことになります。不法就労発覚の場合は雇用側も3年以下の懲役、または300万円以下の罰金となるため管理には細心の注意が必要です。(詳しくは入国管理局のホームページをご覧下さい。)

家事代行マッチングサイト利用の注意点

マッチングサイトの注意点

安く家事代行やベビーシッターを利用できるサービスとして、近年マッチングサイトの利用をされる方も増えています。インターネット上で働き手と雇う側をマッチングし、紹介料やシステムの利用料をとることでビジネスを成立させています。
ただしこちらも会社とお客様との契約になるわけではなく、個人間での契約になるためトラブルについては自己責任となるケースがほとんどです。
「物が壊れた。」「高価な時計がなくなった。」「鍵を紛失された。」こういったトラブルにはサイトの運営会社は応じてくれないケースがほとんどです。

リーズナブルな価格は魅力的ですが、本来の“生活の質を高める”という目的とは逆のベクトルを向いてしまい、本末転倒です。

家事代行・家政婦サービスのピナイTOPへ

pagetop

お気軽に
お問い合わせください
Feel free to contact us!

お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

お客様に安心してご利用いただけますよう、
ご質問やご不明な点にも丁寧にお答え致します。
まずはお気軽にお問い合わせください。

0120-989-033
受付時間 9:00〜18:00
(土日祝日・年末年始を除く)

※お問い合わせの際は
「家事代行」または「民泊」どちらかの
ご用件かをお伝えになるとスムーズです。

お問い合わせフォーム
フォームからのお問い合わせ

必要最低限の項目をご入力頂くだけで結構です。
メールでのご返答も承りますのでご質問や
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。