皆さんこんにちは。

ピナイ家政婦サービス編集部です。

皆さんは、ご自宅のトイレをどのくらいのペースでお掃除していますか?

実はトイレのお掃除は、面倒くさかったり、やりたくない家事の1つに上がっています。

気持ちはとてもよく分かりますが、菌が反映しやすい場所だからこそ、こまめにお掃除が必要な場所でも

あるのです。

そこで今日は、簡単でとっても便利な「クエン酸」を使ったトイレのお掃除方法をご紹介致します。

kuensan
toilet-min

 

 

 

 

 

クエン酸がトイレに効く理由

クエン酸がトイレ掃除に効果を発揮するのは、クエン酸が酸性だからです。クエン酸は、食品にも含まれる酸性物質で、時には食品添加物にもなります。適度に薄めて掃除に使う分には、ほとんど危険もありません。

プロのお掃除代行会社等の間でも、トイレ掃除にクエン酸を使うのが常識になっているようです。石けん、重曹、クエン酸で三点セットみたいによく使われます。

それにしてもなぜ、トイレ掃除にクエン酸を使うのでしょう?その理由は、トイレに特有の汚れが、アルカリ性の汚れだからです。トイレの衛生陶器の、ふだん目に付きにくい場所に、尿石‥‥白~茶色の、石のように固くて、ちっとやそっとじゃ取れない汚れがありますよね?それが尿石と呼ばれるモノです。臭いニオイの元です。トイレだからこそ、全然臭くないのが理想的ですよね。

 

クエン酸のトイレ掃除方法

クエン酸を小さじ1杯(およそ5g)、200ccの水に溶かして使います。スプレーボトルが便利なので、適当なスプレーボトルを準備してください。(100円ショップで購入できます)

トイレの床や壁などに、シュッシュッとスプレーして、水で濡らして絞った雑巾などで拭き取ることで、アンモニアを中和して、臭いの元を退治しましょう。衛生陶器と床の境目も、ニオイの元になっていることがあります。新築やリフォームの際は、この境目をコーキングしてもらうと、後々、掃除も楽で、清潔を保ちやすくなります。

 

手洗いタンクは、水垢が溜まりやすいところです。もし、手洗いに白くてガリガリした汚れがついていたら、それが水垢です。ガリガリレベルになると、クエン酸だけでは残念ながら歯が立ちませんが、ザラザラする程度の水垢なら、ティッシュペーパーを置いた上から濃いめのクエン酸溶液をかけて、ラップで覆って一晩放置します。ティッシュとラップを外して、そこに重曹を振りかけて、アクリルたわしでこすってみましょう。

陶器製の手洗いなら、メラミンスポンジが使えます。でも、樹脂製の手洗いの場合は、メラミンスポンジでこすると細かい傷をたくさん作ってしまい、かえって汚れが付きやすくなってしまいます。樹脂製品をこするときは、必ずアクリルたわしを使いましょう。洋式の便座とフタも樹脂製のことが多いので、メラミンスポンジは使えません。アクリルたわし、またはマイクロファイバークロスを使いましょう。

 

尿石をクエン酸で落とす

衛生陶器の尿石には、薄いクエン酸溶液ではなく、専用に濃いクエン酸溶液を作って掃除します。

空き瓶やペットボトルなど、適当な入れ物にクエン酸を大さじ2杯ぐらい入れ、水をカップ半分ぐらい入れて溶かします。尿石がこびりついているところに、ティッシュペーパーを貼り付けて、濃いクエン酸溶液をたっぷりかけて、一晩ぐらい放置します。すると、汚れがはがれやすくなっていますから、固いブラシか、鍋洗い用ぐらいの固いスポンジでこすると、尿石がポロポロはがれて、気持ちいいほどつるつるぴかぴかに復活します。

毎日のお掃除には、クエン酸溶液ではなくて、アルコールの方がいいです。消毒用エタノールの80%のを買ってきて、さらに水を少し足して、60~70%の濃度で使います。、小さいスプレーボトルに入れ、トイレに常駐させておきます。もし、ミントやレモン、ユーカリなど、お好きなアロマオイルがあったら、ほんの少し加えます。汚してしまったら、そこにシュッシュッとスプレーして、ぼろ布かトイレットペーパーで拭き取って掃除します。これなら金具類を錆びさせることもないので安心です。

 

いかがでしたか?

クエン酸をうまく活用して、トイレ掃除をこまめに行い、清潔に保ちたいですね!

 

関連ブログ記事

フィリピン家政婦のお掃除テクニックvol.11 ?【動画】キッチン時短清掃術?について紹介しています  ピナイ家政婦サービス