今回は、共稼ぎ夫婦であった二人が子どもを産んだ後に感じる家事分担の不満について訪問インタビューを行いました。ありふれた話題である一方で、その解決法は当人でしか見出だせない歯がゆさがあります。生活を見直したいと考える方へ、お読みいただければ幸いです。

 

[家族構成]

夫:30代 メーカー勤務 通勤時間1時間弱

妻:30代 自営業(翻訳)自宅作業

娘:1歳 0歳から保育園

 s_IMG_2763

[インタビュー]

 大まかな家事分担についてお教え頂けますか?

 

夫:平日は、妻が中心なって家事をしてもらっています。料理や掃除は平日の昼間にやってもらうことが多いです。休日は私が中心になって子どもの面倒と、料理をしています。

 

妻:保育園への送り迎えは基本的には私がやります。朝は主人の方が起きるのが早いので朝の諸々の準備は分担しています。子どもを送った後、私は掃除を済ませて僅かですが仕事をしていたりします。

 

率直に言うと、ご夫婦それぞれで家事分担の不満点はありますか?

 

夫:ありますね。基本的には満足しているんですが、料理はもう少し頑張って欲しいと思っています。冷凍食品に少し手を加える程度でしか無いので日常の食事はあまり満足していません。ただ、掃除に関しては、妻が几帳面な性格なので不満は無いです。

 

妻:私としては、とにかく不満です。どうにかしないと…と考えています。満足度0です。家事の分担は「気づいたほうがやる」だと成り立たないみたいで、ルールを決めようと思うのですが上手く行きません。

家事そのものを項目として一覧にしてみたんですが、「これって家事にカウントするの?」と夫の意見が食い違うんです。

 

具体的にはどんな食い違いですか?

 

妻:出したものを仕舞う。とか、脱いだら洗濯機に入れるとか。その程度の話です。細かい事を含めると、「負担が大きい」と不満が出てくるんです。それこそ、稼ぎも旦那ですし、一般的な人よりも少しは稼ぎが良いですから、引き合いに出したら何も言えなくなりますね。

 

収入の事にも触れるというのであれば奥様も働きに出るという考えはあるのでしょうか?

 

妻:そうですね。本当はそうしたいです。ただ、理由がありまして。一つは2人目を計画している都合で仕事復帰しても、短い間しか仕事が出来ない事です。もう一つは、産後うつ(マタニティブルー)になりまして、まだ不眠症が続いている事もあるので、自分のことで精一杯という感じです。ただ、それでも少しでも社会と繋がっていたいとは思っています。少し先の話になりますが、子どもが落ちついたら仕事に出たいです。

 

夫:先の話になりますが、転勤の可能性もあるので今は体調を整えるのが第一なのだと思っています。

 

少し話題が変わりますが、お二人のご両親はどのような家庭でしたか?また、家事の手伝いは積極的にしていた記憶がありますか。

 

夫:私の両親は共稼ぎでしたね。子どもの頃は洗濯の手伝いをしていた記憶があります。でもそれくらいです。あんまり多く手伝ったりはしませんでした。

 

ちなみに一人暮らしの経験は?

 

夫:社会人に出て24歳から9年間は一人暮らしでしたね。掃除は妻ほどでは無いので、やっていたとは言い難いですが男性のひとり暮らしとしては、人並みだったと思います。

 

得意な家事はありますか?

 

夫:洗濯は好きでしたね。

 

奥様はいかがでしょうか?

 

妻:私の両親は専業主婦の家庭でした。こだわりが強いという意味では、私も似たところがある気がします。家事はあまり手伝ってなかったですね。「料理を教えてほしい」と言ったが「見て覚えろ」と一蹴された思い出が強いです。なので、箸を出すとか、手伝ったと言える事は少ないです。

 

一人暮らしの経験は?

 

妻:18から上京して10年ほどは一人でした。途中でルームシェアをしていた時期もありますが、家事という意味ではあまり変わりありません。得意な家事は掃除…ですかね。一人暮らしのときはお金を使わないで料理する方法を考えていました。

 

料理は今でも倹約しているのですか?

 

いえ、一人暮らしの食事は質素過ぎるので、家庭を持って同じことすると荒むと思うのでやっていません。

 

子どもについてお伺いします。1歳の娘さんについてお二人でどのように子育てしていきたいと考えていますか。

 

夫:あまり詳しく話した事は無いですが、明るく元気で、自分に自信がある子でいて欲しいですね。

 妻:足が早くて愛される子がいいです。

 

子ども(娘)には家事のお手伝いしてもらう予定ですか?

 

妻:早く、働けるだけの戦力になって欲しいですね。

 

夫:楽しみながら家事して欲しいと思います。

 

最後の質問になりますが、お二人が生まれ・育った環境や常識が今のご自身の家事分担に反映されると思うのですが、同じように子どもに、父親・母親としてどのような姿を見せて行きたいですか?

 

妻:物心ついた時には、家族の構成員として働いて欲しいです。家事する私を見て欲しいという訳では無く、親離れした時に生活上不便のない姿であって欲しいとは思います。

 

夫:働くこと・家事をすることは楽しいんだよ。という風に見せていきたい。仕事にも通ずるのですが、能力を使って誰かに役に立っている姿を見せていきたいとは思います。

そうですね、家事をやる父親として、イヤイヤやるのでは無く、家族の為にやっている姿を見せて行きたいですね。

 

インタビューは以上になります。家事分担に悩まれていたと思うのですが、ご質問にお答えする中で気づいたことや、改善したいことは見つかりましたか?

 

妻:少し整理出来た気がします。

 

夫:考える事はありました。もう少し振り返ることができました。

 

 

以上です。