当ブログは家事や育児に関わる持論・価値観をご紹介しています。

※また、本記事はアフィリエイト等を目的とした商品紹介ではありません。

家事代行サービスを提供する中で、各ご家庭によって様々な価値観がありながら発信する場が余りに少ないと感じています。他人に共感されるか否かでは無く、それぞれの立場のそれぞれの考えをご紹介する事で新しい発見が出来ると考えています。

【寄稿頂ける方を募集中】弊社問い合わせページにて「ブログ執筆希望」のご連絡頂ければと存じます。

 

 

現役ママブロガーのひーやさんが考える「【妊娠中や育児中・共働きの方に】毎日の家事をムリなくラクに、でもきちんとこなすコツを紹介」

 

 

妊娠中の方や子育て世代、共働きの方など、思うように身体が動かなかったり毎日が忙しかったりすると、家事をきちんとこなせないことがあると思います。

 

そして家事をきちんとこなせないことにストレスに感じることがありませんか。

 

今回は毎日の家事に費やす「労力」と「時間」を抑えながらもちゃんと家事をこなしていくコツを紹介します。

 

 

\こんな方に読んで欲しい/

 

  • 妊娠中で思うように身体が動かせない方
  • 産後、赤ちゃんのお世話に集中したい方
  • 毎日の育児に忙しく過ごしている方
  • 共働き世帯
  • 「家事の負担を減らしたい」「家事分担を上手にこないしたい」

 

と思っている方 色んな方法を沢山書いてみたので、ぜひできる所から試してみてくださいね。

 

毎日の家事をムリなくラクにこなすコツ

 

 

①毎日する家事とそうでない家事をもう一度見直す

 

 

毎日当たり前のように行っている家事のうち、実は毎日やらなくても良い作業が含まれているかもしれません。

 

 

実際に家事をしてみて、1つ1つの作業をする際に一度「その掃除、本当に毎日する必要ある?」と自分に問いかけてみてください。

 

その作業が本当は「2日に1回」すればよい事だったのかもしれないし、「週に2回」すればよい事だったのかもしれない。

 

 

もしかすると「週に1回」「気づいた時に」すればよい事だったのかもしれません。

 

 

ぜひ毎日の家事に費やしている作業内容をもう一度考え直してみてください。

 

 

 

②夫婦で家事分担をする

 

1人でしている家事を2人で分担してこなせば、物理的に1人当たりの家事に費やす時間を減らすことができます。

 

 

もしも「妊娠中(子育て中)で1日家に居るから…」という理由で家事全般を担ってしまうと、産後赤ちゃんのお世話と家事の両立で毎日がいっぱいいっぱいになってしまうかもしれません。

 

 

もし旦那さんの協力が得られる状況であれば、家事分担を提案してみましょう。 妊娠中の方だけでなく、夫婦共働きや子育てに手が離せないご家庭などにも使える「家事分担のコツ」を以下に書いたので、参考にしてみてください。

 

 

家事分担のコツ①分担表を作る

 

まずは家事分担表を作りましょう。

 

 

この時のコツは「細か~い家事作業」まで書き出すことです。

 

 

細かい作業まで書き出すことで、夫婦がお互いに自分の家庭ではどんな家事が必要なのかを認識し合い、夫婦間で家事に対する感覚のズレをなくすことができます。

 

また最近では「家事分担アプリ」というのも登場し、自分が行った作業内容を記入して相手に知らせることができる機能が充実しています。 アプリを利用すれば分担表を紙に書き出す手間が必要なく、簡単なスマホ操作で夫婦での家事分担を共有しながら効率よく家事を進行できるので、活用してみるのもおすすめです。

 

 

 

家事分担のコツ②得意なことは率先して引き受ける

 

夫婦それぞれに「料理が得意」「片付けが苦手」「食器洗いが好き」などという得手不得手があると思います。 家事分担をする際、時間の都合に合うようならば自分が得意なことはもちろん、相手が苦手とする分野も思いやりを持って率先して引き受けてみませんか? それだけで家事分担を決める際に揉める危険を回避することができます。

 

 

 

家事分担のコツ③お互いに完璧を求めない

 

様々な家事の中でも掃除は特に、完璧や理想を求めてしまうとゴールが見えなくなってしまうほど奥深い作業です。 家事に完璧を求めてしまうと結果的に自分にも相手にも精神的な負担をかけてしまうので、お互いに完璧を求めないようにしましょう。

 

 

家事分担のコツ④感謝の気持ちを声に出す

相手が行った家事に対して、感謝の気持ちを持っていても心の中に留めておくだけでは相手に伝わっていないかもしれません。

 

 

それが、もし家事をしてくれた相手に対して 「いつも『忙しいのに』ごはんを作ってくれてありがとう。『美味しいよ!』」 とか 「トイレ掃除してくれたんだ!『ピカピカで気持ちよかった!』」 など自分の気持ちを含めて感謝を言葉で表すと、言われた方は「この家事やっといてよかったなぁ。」と自分のやったことが認められて嬉しさを感じたり、家事へのモチベーションが上がったりします。

 

 

また自分から感謝の気持ちを言葉に出していくことで、相手も感謝の言葉をかけてくれるようになり、気づいたらお互いに「ありがとう」を自然に発し合う心地良い関係になっているしれません。 相手のしてくれた家事に対して、感謝の気持ちを言葉にして積極的に、そしてマメに伝えてみてください。

 

 

家事分担のコツ⑥お願い事や要望はタイミングが大事

 

家事分担をして「完璧を求めるな」と先述しましたが、それでも相手の行う家事について直してほしい所が出てくるかもしれません。 そんな時は、「伝えるタイミング」や「伝え方」を注意しましょう。

 

 

まず「伝えるタイミング」ですが、自分も相手も疲れている時・機嫌の悪い時は避けるべきです。

 

 

そうした場面で相手に直してほしい部分を言うと、想像以上に相手を責めるような言い方になってしまいます。 また言われた相手も「自分はこんなに疲れてる中頑張ってやってるのに…」と機嫌を損ねやすく、結果として喧嘩に発展しやすくなります。

 

 

なのでお互いが機嫌の良い時を見計らって伝えるようにしましょう。 少し余談になりますが、人はたっぷり睡眠をとって、お腹がいっぱいの時には大抵機嫌が良く、喧嘩に発展しにくいそうです。

 

 

 

もし相手のご機嫌なタイミングがいまいち掴めないという場合には、伝える相手が良く寝てたっぷりご飯を食べた後に切り出してみるといいかもしれません。

 

 

続いて「伝え方」ですが、たとえば 「●●するのはやめて」 とか 「そのやり方はダメ」 など直してほしい箇所だけを端的に伝えてしまうと、伝え方によっては相手を否定したり傷つけるような伝え方になる可能性があります。

 

 

なので「伝え方」の1つの例として 「あなたのこのやり方だと、確かに作業時間が少なく済んで良いことなんだけど、ここをこういう風に直してほしい。そうするとこんな風になって利用しやすいんだ。」 という風に、一度相手の作業内容やその背景の気持ちを受け止めたうえで、直してほしい理由も添えて相手に伝えると、相手もあなたの要望を受け止めやすくなります。

 

 

 

③家電を利用する

 

 

家電量販店に出向いてみると、「家事お助け家電」が驚くほどに沢山あります。 その中でも毎日の生活を「時短・効率化」できる家電が沢山あるので上手に利用しましょう。

 

 

 

家事お助け家電①乾燥機付き洗濯機

bb5908c7eb6001beb206e7177e237a30_s

 

乾燥機付き洗濯機を使えば、洗濯をする際にスイッチ一つを押すだけで洗濯から乾燥までしてくれます。 それはつまり「洗濯物を干す手間がなくなる」ということです。

 

「洗濯物を干す」作業って地味に時間がかかる作業だとおもいませんか。

 

 

冬場は毎日冷たい洗濯物を触ることになるので手荒れの原因にもなります。

 

それが、乾燥機付き洗濯機を利用することで

 

①洗濯物を取り出す

②洗濯物を広げてハンガーにかける

③外に干す

④(乾いた洗濯物を)取り込む

 

 

 

という作業に費やす労力と時間をスイッチ1つで終えられるのです。

 

 

乾燥機を利用することで外に干す作業もなくなるので、天候に左右されずに洗濯物を乾燥することができるのも良いところですね!

 

でもこの乾燥機能を使うことで「電気料金が高額にるんじゃないか」と不安に感じる方もいると思います。

 

電気代については、洗濯6キロあたりに対してヒーター式の縦型洗濯乾燥機の電気代が1回約62円、ヒートポンプ式のドラム式洗濯乾燥機の電気代が1回約25円と言われています。

 

どちらにしても1か月2,000円にも満たない電気料金です。 この金額で毎日の洗濯物に費やす労力と時間を削減できるので、これを高いと思うか安いと思うかはご自身の生活に合わせて考えてみてください。

 

 

 

家事お助け家電②ロボット掃除機

41bed6b368828e8ecf82f91dc0ef73dd_s

 

 

掃除の中でもとりわけ労力がかかって大変なのが掃除機です。

 

重い掃除機を持って1階~2階、ご家庭によっては3階まで階段を上り下りしたり 家じゅう隅々までコンセントを付け替えては掃除機をかけたり。

 

 

掃除機の作業をおえたらグッタリ、という方も中にはいるんじゃないでしょうか。

 

 

これがロボット掃除機を利用することで、掃除機にかかる労力と時間を大幅に削減できるんです。

 

 

まず、自分が掃除機を使う必要がなくなるので掃除機にかける労力がなくなります。 また、ロボット掃除機を利用する際には日中の外出時間にセットしておけば、その時間を使って家中の床掃除をすべてしてくれるので自分の時間を掃除機の為に使う必要もなくなります。

 

 

予約機能付きのものが沢山あるので、予め稼働させたい曜日や時間帯をセットしておけばその後は何もしなくても勝手に床掃除をしてくれます。

 

 

スイッチを押すという作業さえもいらないんです!本当に優れものです。 ただし、階段や四隅などロボット掃除機では掃除の行き届かない部分が出てくるというデメリットもあります。

 

 

なのでもし四隅に気になる部分が出てきたら、その部分だけ掃除する労力が必要になります。 でも週に1度、ささっと気になる部分を掃除するだけで床の綺麗を保つことができ、1フロア全体を自動で掃除してくれるので、結果すごい労力と時間の削減に貢献してくれます。

 

 

ロボット掃除機というと、「値段が高い」というネックがあると思われるかもしれませんがメーカーによっては1万円台で購入でき、何も問題なく床掃除をしてくれるロボット掃除機もありますよ。

 

 

 

家事お助け家電③食洗機

deb02b0ac525d4934436f869696fa8c9_s

 

 

「食洗機」は名前の通り、食器や調理器具を洗う器具です。

 

 

食洗機にはシステムキッチンに組み込む「ビルトイン型」と、キッチンの上に置く「備え付け型」の2種類があります。

 

 

「ビルトイン型」を利用するとなるとそれなりに初期費用がかかりますが、それでも ・1回設置すれば10年使える ・食器洗いを自分でするより電気代はかかるが、水道代・洗剤代が大幅に削減され、結果毎月の光熱費が減る ・食器・調理器具を設置するだけだから疲れない ・自分で洗うよりも食器がピカピカになる というメリットが沢山あります。

 

 

 

賃貸物件で使用する際や、初期費用を抑えたい方は「備え付け型」を利用すれば5万円ほどから販売されています。 妊娠中などは特に、お腹が大きくなると食後の食器洗いでずっと立ちっぱなしでいるのも辛くなってきます。 また冬場に食器洗いを続けていると、ひどい手湿疹や手荒れになってしまうこともあるので、そうした対策にも食洗機は使えます。

 

 

 

家事代行サービスが一番便利!

 

 

妊娠中や産後の育児、共働きなどで家事が思うようにできず、「家事ができていない」ことにストレスを感じることはありませんか? そんな時には思い切って家事代行サービスを利用してみましょう。

 

 

ここでは家事代行サービスを利用することで感じられるメリットや、実際に家政婦さんにお願いできるサービス内容、利用する前に感じる不安について書いていきます。

 

 

 

家事代行(家政婦)サービスを利用するメリット

 

 

 

家政婦サービスを利用するとこんなメリットが手に入ります。

 

・家事全般にかける労力・時間がゼロになる。

・家事分担について夫婦間で揉めたり喧嘩することがなくなる。

・高額家電を揃える必要がいらない。

・必要な時に必要な個所の利用ができる。

 

家庭の状況に合わせて、必要なサービスを選択して上手に利用しましょう。

 

 

家事代行(家政婦)サービス、こんなところが不安…

 

家事代行(家政婦)サービスの利用を検討する前に、こんな不安や疑問を感じる方はいませんか? 「他人を家に上げるのが心配…」 「家政婦サービスってお高いんでしょう?」 ここではそんな疑問にこたえていきます。

 

「他人を家に上げるのが心配…」という方

 

ピナイの家政婦サービスでは、世界水準で家政婦の質が高いと言われているフィリピン人のみを採用しています。 また、スタッフはピナイの正社員であり、社内での厳しい研修と試験を合格した人のみ。 幅広い家事サービスに対応でき、日本の文化から最新の家電の使い方まで習得しているプロのスタッフなので、安心してお願いできます。 詳しくは「フィリピン人の家政婦さんって?」のページで紹介しています。(https://pinay.jp/philippine/)

 

家事代行(家政婦)サービスは料金が高い?

 

ピナイの家政婦サービスは1時間2,400円~提供しています。 一流のサービスを提供できるフィリピン家政婦が産前のみ・年末年始の大掃除に・引っ越し前に、など単発でのお願いから「できる限り来て欲しい」と週に数回お願いすることもできるので、ライフスタイルに応じて利用してみてください。 詳しくは「料金ページ」で紹介しています。(https://pinay.jp/price/)

 

まとめ

 

以上、あなたの労力や時間を無駄にせず、無理なくラクに家事をこなすコツを紹介しました。 まとめると以下4点になります。 ・毎日している家事を見直す ・夫婦間で家事分担をする ・家事に便利な家電を利用する ・家事代行サービスを利用する できる所からぜひトライしてみてください。 最後までお読みいただきありがとうございました。