主婦ライターの津曲さんが考える「共働きなのに家事をしない夫、家事をやらせるための解決策」

 8e3a58a5ef6aca945158fb565246b101_s

 

「忙しいからできない。」

 

「稼ぎが少ないんだから、家事くらいやって当然でしょ。」

 

「家事は女がするもの。」・・・

 

 

 

 

。少しくらい、家事を分担してほしい。夫婦共働きの家庭が主流となっている今、家事は夫婦で協力するべきです。

 

 

 

しかしそれにも関わらず、何だかんだ理由をつけては家事から逃げようとする夫が一定数います。このような夫は、妻が大変だとわかっているはずなのに、なぜ家事をしてくれないのでしょうか。

 

 

この記事では、そんな家事をしない夫のタイプ分けや接し方、解決策まで解説していきます。

 

 

<家事をする夫としない夫の違い>

そもそも、家事をする夫としない夫の違いは一体どんなところにあるのでしょう。

 

もともとの性格?それともやる気の問題でしょうか? 家事をする夫としない夫の違いは、性格でも、やる気も問題でもありません。

 

その違いは「①家事に対する認識」と「②状況」にあります。

 

まず「①家事に対する認識」の違いについてです。

 

家事をしない夫の中には、自分には家事をしなくていい理由があるのだから、そもそも家事をする必要などないと考えている人がいます。

 

「俺のほうが稼ぎがある」

「家事は女がするもの」

「家事ができないから、しなくてもいい」

 

などと言い、家事をしなくて当然だと思っているのです。

 

 

一方、家事をする夫はこのようには考えません。家事は夫婦で分担するものであり、どのくらい稼いでいるかは関係ないからです。そして家事は女がするべきだ、という古い考えも持っていません。

 

家事をしない夫とは反対に、家事は分担するのが当然だと考えています。 また、家事ができないことを理由にしている夫も、こちらに当てはまります。家事ができないこと、黙っていても妻が家事するのを理由に、やろうとしないのです。 家事をする夫の場合、できないことを理由にはしません。やり方がわからなければ聞き、積極的に手伝います。

 

 

 

続いて、「②状況」の違いについてです。

 

こちらに当てはまる家事をしない夫は、今現在の状況により、家事をしない夫になってしまっています。仕事が忙しくて時間が取れない、帰ってきても疲れて家事をする気になれない、休みがない、といった理由です。

 

仕事が忙しくて疲れ切っているため、家事をしなくてはいけないとわかっていても、つい妻に任せてしまうのです。 仕事が忙しくても家事をする夫はどうしているのか。こちらの場合は、少ない時間で効率よく家事ができるよう工夫しています。

 

 

 

<家事をしてくれない夫・・・あなたの夫はどのタイプ?>

 e0e3d678ec95aa0df3a0dbeece39af84_s

先ほどの家事をする夫としない夫の違いから、家事をしてくれない夫が4つのタイプに分けられます。タイプごとに効果的な接し方が異なるので、あなたの夫がどのタイプかチェックしてみてください。

 

 

タイプ①:正当化タイプ

 

自分にとって都合のいい理屈を持ち出すことで、自身を正当化するタイプです。

 

「稼いでいるのだから、家事はやらなくていい」と言うのはこのタイプ。稼ぎの少ない方が家事をすることは当然、そもそも家事など大した労働ではないと考えるのです。

 

さまざまな理屈を持ち出し、自分が家事をやらないことは正当であると主張します。このタイプの厄介なところは、最終手段として脅しを使うことです。自身の理屈に鋭い指摘を受けた際、「代わりにお前が俺と同じ給料を稼いでくるか?」といったような、すぐには無理だとわかりきっていることを言い、脅してきます。自分が家事をやりたくないばっかりに、相手の弱みにつけ込むのです。

 

 

 

タイプ②:固定観念タイプ

 

「家事は女がするものだ」という固定観念を持っているタイプです。育った家庭において、家事は母親が全てやっていた場合に多いです。

 

父親も家事をやっておらず、自分も家事を手伝った経験がないため、そもそも男が家事をするものだと思っていません。しかし中には、あえて固定観念を持ち続けている人も存在します。「家事は女がするものだ」と主張すれば、それが家事をやらない理由になるからです。夫婦で家事を分担するのが主流となっているにも関わらず、未だに古い考えを持ち続けているのは、ただ単に、家事を女性に押し付けたいだけかもしれません。

 

 

 

タイプ③:お任せタイプ

 

家事ができないので、全て妻に任せっきりというタイプです。一人暮らしをしたことのない夫と、尽くすタイプの妻だと、このタイプになりやすいです。家事ができないから妻に任せていたら、何も言わずに全てやってもらえる。すると次第にそれが当たり前となり、気づけば妻ばかり負担を背負っているのです。

 

最初の頃はいいかもしれませんが、育児などで忙しくなると、何もしないで平然としているこのタイプの夫に、妻はイライラしてしまうでしょう。悪気はないのですが、ちょっと甘えん坊で、家事を他人事のように思っているかもしれません。

 

 

タイプ④:多忙タイプ

 

ただただ忙しく、疲れていて家事ができていないタイプです。4タイプの中で唯一、状況が理由で家事をしていないタイプです。このタイプはとにかく時間がなく、そして疲れています。家事を手伝いたいという気持ちがあっても、疲れから、つい妻に任せてしまうのです。

 

 

<タイプ別!家事をしない夫への上手な接し方>

 8eceb2e7067b9a22821e7abbc4458da1_s

夫にどんな風に接したり、お願いすればいいのか、とても悩みますよね。ここでは、先ほどの4つのタイプそれぞれに適した接し方を解説します。夫がどんなタイプかによって、効果的な接し方、お願いの仕方が違います。これから解説する接し方を実践してみてください。

 

 

タイプ①:正当化タイプ

 

4つのタイプの中で最も接し方が難しいのが、この正当化タイプです。自分には家事をしなくていい正当な理由があると主張し、こちらのお願いを聞き入れません。このタイプへの接し方として最も効果的なのは、これでもかというくらい褒めることです。 そもそも、なぜこちらのお願いを聞き入れてくれないのでしょうか。

 

もちろん家事をやりたくないという理由もありますが、それ以上に、自分の力を示したいという欲求が潜んでいます。外では満足に自分のことを認めてもらえないため、「稼いでいる俺は偉いのだ」と家庭内で主張することで、力があると思いたいのです。このタイプは承認を求めています。

 

家事をしてくれなくても、

「○○の話すごく面白い!」

「気づかなかったけど、○○が得意なんだね!」

などと褒めましょう。

 

表には出さなくても、内心はとても喜んでいるはずです。 この方法は時間がかかるかもしれませんが、稼ぎ以外にも自信を持ってもらうことができれば、「家事をしない」といった形で力を誇示する必要はなくなります。その結果、お願いを聞き入れよう、という気持ちになってもらえるのです。

 

 

タイプ②:固定観念タイプ

 

固定観念タイプの夫には、きちんと自分の気持ちを伝えること大切です。自分の気持ちをわかってほしい、言わなくてもわかるはず・・・。そう思っていたら、いつまで経っても状況は変わりません。「女だけが家事をする時代じゃないんだよ。」「忙しいのはお互い様だから、家事分担したい。」と、自分の正直な気持ちを伝えてみてください。

 

相手と向き合いきちんと話し合おうとすれば、夫も今のままではいけないと気づいてくれるはずです。 今までのように、家事は女がするものだ、などと言っていられる時代ではありません。それをはっきりと伝えましょう。

 

そうすれば、夫もいよいよ逃げられないとわかります。 また、実際に家事をしている男性を話題にするのも良いでしょう。私たちもこんな風に家事分担をしたい、と提案してみるのです。

 

イライラして「あなたもこうしてよ!」と言うのではなく、あくまで提案です。自分の気持ちをきちんと伝え、話し合いをするのが肝心です。

 

 

タイプ③:お任せタイプ

 

お任せタイプの夫には、簡単で楽な家事からお願いしてみましょう。ゴミ捨てやベッドメイキングなど、本当に簡単な家事からです。ちなみに、ベッドメイキングを習慣にすると自身を律する力が高まるそうなので、ぜひ自分のベッドは自分でメイキングしてもらいましょう。

 

簡単な家事をやってもらえたら、感謝の気持ちを思いっきり伝えてください。「ありがとう!」「とっても助かったよ!」と、ちょっとオーバーなくらいに伝えれば、些細なことでとても喜んでもらえるのだと実感できます。

 

一度やってもらえたら、またお願いしてみましょう。そして家事をしてもらう度に、感謝し続けてください。家事をするのも悪くないな、と思ってもらえたらしめたものです。 ただし、あくまでも家事は分担するのが目標なので、感謝すれば喜んでやってくれるからといって押し付けてはいけません。夫が「何で自分ばっかり・・」と不満をつのらせてしまったら、今度は自分が”お任せタイプ”になってしまいます。

 

 

タイプ④:多忙タイプ

多忙タイプの夫は疲れ切って帰宅するので、まずは「お疲れさま」と気持ちを込めて伝えましょう。ただでさえ疲れているので、家事をお願いするのはなかなか難しいかもしれません。しかしあなたも育児や仕事で忙しいとなると、大変なのはお互い様です。

 

いくら夫が疲れているとはいえ、自分だけが家事を引き受けるのはつらいです。 そこで、夫に家事をお願いする前に、可能な限り家事を効率化させましょう。夕飯の献立を曜日で決めてしまったり(「木曜日はパスタ」など)、ドラム式洗濯機を購入し、洗濯物を干さないようにするなどです。思っている以上に、効率的でない家事が見つかるかもしれません。

 

自分なりに工夫をして家事を効率化させてから、夫に家事の分担をお願いしてみましょう。「効率的に家事はしているんだけれど、それでも一人では大変なので手伝ってくれないかな?」と伝えてみてください。家事の負担を減らそうとしている努力が伝われば、協力してくれるはずです。

 

 

 

<家事をしない夫に、家事をしてもらうための解決策>

これまで、家事をしない夫のタイプとタイプ別の接し方について解説してきました。ここからは、どんなタイプの夫にも使える解決策を5つご紹介します。タイプ別の接し方と併せて、ここで紹介する解決策を試してみてください。

 

 

①家事の見える化

今現在、夫婦それぞれが何の家事をやっているのかを表にまとめます。まず最初に、用紙の中央に十字線を引きます。

そして横軸に夫・妻、縦軸に定期・不定期と書きます。

 

次に家事を1つづつ付箋に書いたら、2人で話し合いながらその付箋を表に貼っていきましょう。

 

これで表は完成です。

 

このように表にまとめるメリットは、主に2つあります。1つは、表を作る作業のなかで家事のことを話し合える点です。普段、家事について話し合うことはそうそうありません。家事分担について決める前に、そもそもどんな家事を誰がしているのかを明確にすることがとても大切です。2つ目は、表を作ることで家事の分担割合がはっきりとわかる点です。

 

どのくらいの割合で家事分担をしているのかが明確にわかれば、家事分担の調整がし易いですよね。一目瞭然なので、お互い不満も残りにくいです。

 

 

②褒めちぎる

何か家事をやってもらえたら、とにかく褒めましょう。

 

夫が料理を作ってくれたら、どんな味でも「美味しい!私この味好きだよ!」と言い、本当に美味しい時には「すっごく美味しいね!シェフを目指したら?」などと言ってみるのです。

 

 

実際このように夫を褒めている方がいるのですが、見事作戦に成功し、夫は料理が好きになったそうです。あまりにも嘘っぽいのはよくありませんが、多少オーバーに表現した方が相手には伝わります。そして、くれぐれもダメ出しだけはしないようにしましょう。

 

 

ついダメ出ししたくなりますが、そこはグッと我慢。褒め続ければ、そのうちダメ出しする必要はなくなります。

 

 

 

③2択で選んでもらう

 

やってもらいたい家事が2つ以上ある場合に効果的な方法です。例えば「トイレ掃除とゴミ捨て、どっちがいい?」といった聞き方です。やってほしいと直接言ってしまうと、何かと理由をつけてやってくれないかもしれません。

 

 

そこで、2択にするのです。「どっちがいい?」と聞かれると、人はとっさにどちらかを選びます。そしてどちらを選んでも、家事をするのに変わりはありません。 この2択方法には、もう1つポイントがあります。先ほどのトイレ掃除とゴミ捨てのように、明らかに楽な方を後に言うのです。

 

 

人は2つのものを選ばされた時、先に出された方と後に出された方との差が大きいほど、実際よりもさらにその差を感じます。つまり、楽な方を後に言えば、楽な家事が実際よりもさらに楽な家事に思えるのです。 人の心理を利用した言い方が嫌だという人もいるかもしれません。しかし、ちょっと言い方を変えるだけで夫が家事を手伝ってくれるのであれば、使わない手はありませんよ。

 

 

④夫が得意な家事を見つける

人は誰しも、得意なことにはやる気が出ます。家事が得意だと思ってもらえれば、夫は今よりもっと家事をやってくれそうですよね? 夫に「自分は家事が得意だ」と思ってもらうために、まずは小さく分けて頼みごとをしてみましょう。

 

 

例えば私の夫の場合。夫はとても不器用で、餃子を作ることができません。皮で上手く包めないのです。そこで、餃子の焼きをお願いしました。最初は餃子の焼き方がわからないと言って嫌がっていたのですが、すぐコツをつかみ、上手く焼けるようになりました。

 

 

餃子を焼くのが得意だと自覚しているので、今では何も言わなくても餃子を焼いています。餃子は作れなくても、餃子は焼ける。同じく、料理が嫌いと言ってやらない夫でも、料理の種類や行程によっては得意が見つかるかもしれません。土曜日は夕飯お願い!ではなく、小さく分けてお願いし、夫の得意を見つけてみましょう。

 

 

⑤家事を減らす(家電、家事代行サービス)

夫も家事をしてくれないし、自分も忙しい・・。それならいっそ、家事を減らしてみるのがおすすめです。これまで紹介してきた方法で夫が家事をするようになってくれれば良いのですが、人を変えるのはなかなか難しいですし、時間もかかります。家事が大変でイライラしてしまうのは、とてももったいないことです。やるべき家事自体が減ってしまえば、家事はずいぶんと楽になります。 家事を減らす方法として、家電の購入と家事代行サービスがあります。

 

 

少々お金はかかりますが、夫を変えようとするよりもはるかに楽なのは間違いありません。夫を変えるのは難しい、家事の問題を早く解決したいという方は、検討してみると良いでしょう。

 

 

<まとめ>

 

いかがだったでしょうか。家事をしない夫のタイプ別の接し方や解決策を、ぜひ実践してみてください。 最後に。「完璧に家事をしなくては・・」と、どの家事もきちんとこなそうとしてしまいがちですが、その必要はありません。 完璧に家事をこなすけれど不機嫌な妻と、家事はちょっと手抜きだけれどご機嫌な妻。あなたはどちらの妻がいる家に帰りたいでしょうか。

 

 

きっと、ご機嫌な妻のいる家に帰りたいはずです。きっとあなたの夫も、完璧な家事ではなく、あなたのご機嫌な姿を求めています。家事を完璧にこなす必要などありません。1人で抱え込むものでもありません。ちょっとくらい家事が手抜きでも、ご機嫌な方がずっと素敵です。家事の負担をどんどん減らしていきましょう。

 

 

当ブログは家事や育児に関わる持論・価値観をご紹介しています。

※また、本記事はアフィリエイト等を目的とした商品紹介ではありません。

家事代行サービスを提供する中で、各ご家庭によって様々な価値観がありながら発信する場が余りに少ないと感じています。他人に共感されるか否かでは無く、それぞれの立場のそれぞれの考えをご紹介する事で新しい発見が出来ると考えています。

【寄稿頂ける方を募集中】弊社問い合わせページにて「ブログ執筆希望」のご連絡頂ければと存じます。