こんにちは。

ピナイ家政婦サービス編集部です。

 

ここ近年、フィリピン人家政婦の人気のおかげで、最近は弊社の方でもテレビや紙面などでご紹介頂くケースが増えております。

その中で、やはり皆様不安に思ってらっしゃるであろうフィリピン人家政婦って本当に安心なのか、という点についてお話ししてみようと思います。

なんとなくのイメージでいくと、偏見ではもちろんないのですが、危ないのではないか、何か取られてしまうのではないかという考えが頭をよぎる方は多くいらっしゃるのではないかと思います。

『私も東南アジアの国に旅行で行った際に現地のツアーガイドさんから、『危ないからスマホを出して写真を撮らないでください』とか、『自分の持ち物は肌身離さず持って自分で管理してください』というお話しや、実際に取られたという友人の話しなども何度か聞いた事があります。

そりゃあ、心配にもなりますよね。。

安心出来ないと自宅を人に任せるなんてとても考えられないですよね。

 

具体的なお話しとしてみていきましょう。

事実フィリピン本国は決して治安などは、とても安全とはいえない国であると思います。実際弊社の社員がフィリピンに出張でいくという話しをスタッフにすると、『危ないから気をつけてね。』と皆から言われます。。フィリピン人でも帰国する際には、日本にいる時の何倍も注意を払っているという方もいらっしゃいます。。そこを聞くと怖くてとても家政婦として頼む気になりませんね。私は何を書いているんでしょう。。。笑

というところではあるのですが、事実、日本国内のフィリピン人家政婦人気は高く、有名芸能人もテレビで大満足という話しをしていますし、弊社の顧客でもかなり知名度の高い芸能人の方々を多く対応しています。その他にも弁護士、政治家、スポーツ選手、医者など高所得のお客様が多数いらっしゃいます。その中で盗難のトラブルも一件もないという現状です。

その結果から察するにキッチリ働く側のケアとそういう環境を置かないという事が大きいのではないかとおもいます。弊社の方でも採用基準を様々定め、最大限ご安心いただけるように対応を進めています。

弊社の採用基準は以下となります。

・永住者

・日本人の保証人を立てられる方

・基本研修をクリア出来た方

実際にそのような基準をクリアし弊社で業務に入れるスタッフは、かなり驚きの1/30となります。時間を守れない。ルール通りの作業遂行ができないなどの方もたくさんいらっしゃいますが、きっちりとした採用試験をクリアし教育を受けて業務に入っているからこそというのは大きいかもしれませんね。

さらに、弊社では魔がさすという部分をできるだけ排除するようメンタルケアの担当を設置し、定期的にスタッフのケアを行う事で対策を打っているよという現状となります。

images

逆に警鐘を鳴らしたいのは個人で雇い入れるパターンです。

どんなに警戒したところで上記の数字を見てもわかるように、良い方と巡り会える確率はかなり低いものとなっています。ウラ話としては、不法就労で働いているなんて方も非常にたくさんいて、今ガンガン取り締まり対象になっているそうです。

もちろん、外資系スーパーなんかで貼っているチラシを見て探せば、料金は安く済みますが、当然安全とは真反対にあるという事を理解して頂きたいと思います。

紹介してもらったから安心!!なんてことは一切ありません。これだけははっきり言い切れます!

多くのフィリピン人を抱えているからこそ分かる部分、接してきたからこそ分かるものというのは大きいいと思います。採用してからのケアの大切さというのは大きく、日本人もフィリピン人もほとんど関係のないものになるのではないかと思います。

 

ちなみに余談ですが、不法就労者を雇いいれていると、雇っている側も罰されます。

不法就労助長罪というものになるのですが、300万円以下の懲役または30万円以下の罰金、または併科という他の非常に厳しいものとなっています。

 

特に外国籍に家政婦さんであれば、最悪海外に逃げられて終わりというトラブルなどは絶対に起きないよう対策を考えるた上、よりよくフィリピン人家政婦さんと付き合っていって頂きたいと思います。

 

ピナイ家政婦サービス 編集部

 

関連記事

チャイルドケアサービスのご案内