こんにちは。

ピナイ家政婦サービス編集部です。

 

 

371112464771

今回のブログはフィリピン人の家政婦さんとどういう付き合い方をしていくのが良いのかという点に焦点を絞ってお話ししていこうと思います。

彼女達は日本人ではないので、日本的な一般的な感覚が当たり前と思っている私たちには意外だなと思うこともあると思います。

例えば、日本の家庭だと冬に毛布を掛け布団の下に敷いて寝る習慣の方が一般的な気がしますが、世界的に見ると毛布は掛け布団の上に被せるものだという認識の方が一般的だったりします。

実際、保温効果はそちらの方が優れているんだそうです。

 

家の掃除って他の家庭のやり方などは普通に生活していると一生目にしないで自分のやり方が一般的だと思いがちだと思います。

実際に、お客様に『普通にやってもらえらば大丈夫です』とおっしゃって頂いたものでも、行き違いが起こったりもするものなんですね。

 

『普通』というのがすごく難しいことで、日本人同士でも人によって、普通は大きく異なるケースが多々存在します。

 

なので、基本的には普通というのは存在しなくて、いろんな考え方があっていいものなんだと思います。

 

そう考えると様々なお宅に合わせて掃除や洗濯などをやる『家政婦』という仕事は実はすごく難しい仕事なのだと思い知らされることが多々あります。

これはフィリピン人に限らず日本人の方であっても同じだとは思うのですが、『普通』の押し付けにならず色々な考えがあって当然という考えを持って家政婦さんを受け入れるということが実は重要なことなのかもしれませんね。

ピナイ家政婦サービス 編集部