みなさんは、家政婦を雇うときにかかる料金の相場はご存知ですか。

 

 

家政婦と聞くと家計に余裕のある家庭をイメージする場合が多いため、おそらくそこまで安い値段を想像する方は少ないでしょう。

 

他社を含めて、1回あたり3,x00円〜が最安値となり、週1回の定期サービスであれば月2万円代まで価格が抑えられてきています。月2万の費用は一般のご家庭でも手の届く範囲になっています。

 

依頼頻度が低くなると料金が割高になる(もしくは…)

 

「初めて家政婦さんに来てもらうのですが値段はどうなるのでしょう?」

「どうすれば安くしてもらえるのかしら?」

「たまに来てもらうと高くなりますか?」

 

 

このようなご質問をいただく機会は非常に多いです。

 

 

家政婦の利用頻度が高ければ高いほど一回あたりの料金は安くなることがほとんどです。このことは意外に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

この頻度に対する料金の差額は何か。これは単純に「新しい仕事場に向かうための調査・調整コスト」になります。

 

利用すると分かりますが、お客様も、スタッフも、家事代行サービスの内容も回数を重ねるごとに効率化していきます。さらに単発で都度スタッフが変更される場合「教える手間」の大変さから、かえって家事代行サービスを面倒に感じる。という矛盾した事になりかねません。

 

 

初めて家政婦などの家事サービスを受ける場合、定期的に来てもらうプランにも目を通して確認しておきましょう。

 

 

 

 

会社によっては家政婦への交通費、事務費や年会費、がかかることがあり注意が必要

 

 

家政婦や家事代行サービスを依頼する場合にかかる料金について考えてみましょう。

 

また、その際に気をつけるポイントについてもご説明します。

 

 

 

家政婦紹介所などでは、一定の紹介料がかかります。

 

 

働く時間が長い場合が多いため、一日いくらの日給制で支払うことが多く、頼む時間によっては割り増し料金がかかる場合もあります。

 

 

また、別途家政婦への交通費や、事務費や年会費などもかかる事があるので契約時に確認しましょう。

 

 

 

他にも、毎回同じ人に来てもらいたいとの要望には指名料がかかる場合や、当日の急なキャンセルにはキャンセル料がかかることもあります。

 

 

一方で、派遣会社を挟まずに個人契約で家政婦を雇う場合、料金は直接本人に支払います。

 

 

 

個人間で契約を締結するため、事務費や年会費などがかからないことが多いことはメリットではありますが、物を壊した場合、物損の賠償は家政婦本人との交渉になります。

 

 

個人契約における家政婦の料金については、能力や個人の価値観によって決まることがほとんどなので家政婦によって異なります。

 

 

 

では、家事代行サービスの場合はどうでしょう。

 

 

家事代行サービスは、時間制で1時間当たり2,500~3,000円台、交通費は別途支払いのところが多く、台所などの水回りのみ、食事の支度のみなど、サービスを限定して頼むこともあり、料金面だけ見ると安く感じる方も多いでしょう。

 

 

 

 

家政婦と直接契約するメリットは、安くて融通の効きやすい家政婦を雇えることがあげられるが、家政婦の審査がない為サービスの質の保証がされないというデメリットもある

 

家政婦を雇う方法として、会社や業者を介する場合と、個人契約により直接契約するという二つのパターンがあります。

 

 

家政婦を雇うには一般的には家政婦紹介所から派遣してもらう場合が多く、家事代行サービスを契約して行ってもらえば、業務範囲は狭いですが、トラブルが生じた時に会社に間に入ってもらえるという安心感があるのは事実です。

 

 

一方で、もし知人などからの紹介で家政婦と直接契約出来るならば、お互いが納得するならば安く家政婦を雇うことができますが、その場合、家政婦の審査が無いため、家事能力や性格に問題があったとしても保証がないため、トラブルの要因となることもあります。

 

 

 

家事代行サービスの場合は会社と個人の契約となるので、個人間契約の家政婦のように業務内容に融通が利かず、予め決められた作業しか行いません。

 

 

しかし、家政婦紹介所と同じようにトラブルが起こった際の仲介や物損事故の補償などを会社が行ってくれるので、何か問題が起こった場合の安心感は高くなります。

 

 

 

 

 

派遣会社、個人契約それぞれのメリットデメリットを調べて依頼することが大切

 

 

家政婦を雇うには紹介所との契約か個人契約か二つのパターンがあります。あらかじめメリットもデメリットも理解した上で、契約方法を考えることをおすすめします。