家政婦を検討している方にとって、家事サービスの内容について知りたい方は多いのではないでしょうか。

 

 

詳しいサービス内容について説明しますので、参考にしてみてください。

 

 

 

お風呂場、トイレ、キッチンなどの場所を指定した掃除から、部屋全体の掃除まで可能

 

家政婦に掃除を頼む際、部屋全体の掃除だけではなく、スポット的な頼み方もできます。

 

しかし、ハウスクリーニングとは違うことに注意してください。あくまで日々の家事のレベルの掃除であることを頭に入れておきましょう。

 

 

 

基本的には、仕事をする時間単位で依頼する形となりますので、決められた時間の中で可能な限り依頼をされた場所の掃除をします。

 

 

お風呂場、トイレ、キッチンなど自分で掃除するのが面倒なところだけを指定して頼むことで日々の家事負担を減らすことができます。

 

 

さらに部屋全体を頼んで余った時間にトイレ掃除を頼むなど、時間内でいろいろな頼み方ができます。

 

プロによるお風呂場掃除については、こちらの記事でも詳しく解説しています。

https://pinay.jp/articles/kaji/2015/05/760

 

 

 

面倒なアイロンがけも依頼ができる

 

洗濯も仕事として依頼が可能です。洗濯機で洗い干したものを取り入れることから、洗濯物を畳み、アイロンがけ、衣装ケースへの収納までが「洗濯」の範囲となります。

 

 

家族の人数が多くて洗濯物の量もかさばる家庭や、休みの日にしか洗濯できない忙しい方、アイロンが苦手な方には最適なサービスです。

 

 

また、布団のシーツやカバーなど洗いたいけれどなかなか洗う機会がないものも洗濯してもらえます。

 

 

 

洗濯物の収納に関してもプロの技で散らかりにくく暮らしやすい仕組みづくりもサポートしてくれるのもうれしいサービスです。

 

 

 

食材の調達、下ごしらえ、朝昼夕食の準備、食器洗いなどの後片付けを依頼する

 

共働きの夫婦にとって家事の中でも夕食を準備することは大変なことです。

 

忙しくて夕食の準備どころではないという方、疲れていて準備までするのは大変だという方もいらっしゃるでしょう。

 

 

中には本質的に炊事が苦手だという方にも嬉しいサービスです。

 

 

 

食材の買い出し、調理や下ごしらえ、朝昼夕食の準備、さらには食べた後の後片付けや食器洗い、食器棚への収納までが依頼可能です。

 

 

最近は数日分まとめて食事を準備し冷凍保存しておくという方もいらっしゃいます。

 

 

 

他にも冷蔵庫の中を中心に、食材の賞味期限などの管理も炊事の仕事の一つとして依頼する方や、炊事全般をお願いする方、買い物と下ごしらえだけをお願いするという方もいます。

 

 

 

また、家庭の事情でアレルギーに敏感な場合、言っておけば問題ある食材は避けてもらえるのでご安心ください。

 

 

 

 

対象外となるサービス

 

家政婦サービスが行ってくれるのは炊事や掃除など基本的な家事だけではありません。

 

 

その他に、宅急便の受け取りやクリーニングの受け取りなども場合によっては依頼が可能です。しかし病院の付き添いや介護サービスは含まれていない場合がほとんどです。

 

 

その他、子守やペットの世話などもサービス対象外となる場合があります。対象外のサービスについては、ホームページや問い合わせをするなどして事前に確認すると安心です。

 

 

 

 

さまざまな家事をサポートしてくれる、心強いサポーター

 

家政婦に頼むことができる家事が多岐にわたるということをお分かりいただけたでしょうか。

 

 

家政婦を依頼するのは今では当たり前になっています。気軽に利用してみることで家事の負担を減らせるだけでなく、家族全員が心穏やかに過ごせるでしょう。ぜひ一度お試しください。