「家政婦=家事を代行してくれる」だけではありません。この記事では特にフィリピン人家政婦を雇うことで得られるサービス内容をご紹介します。

 

 

 

英語が学べる

 

最近、フィリピン人家政婦を雇う方が増えていることはご存知ですか。

 

 

フィリピン人家政婦は、高い技術があることで近年人気を集めています。フィリピンでは、家政婦は国家資格が必要です。医者や弁護士といった職業と同様の扱いになるため、家政婦の意識は非常に高くなります。

 

 

 

実際フィリピン人の家政婦を雇うと、日本人家政婦に比べて満足されるお客様も多くいます。家政婦としての技術に加え、意外にも人気なのが英語を学べることです。

 

 

 

家政婦と英語は一見関係がないものと思われがちですが、フィリピン人の場合は英語を話せる場合がほとんどなので、子供の英語学習のために依頼する方が増えています。

 

 

フィリピン人家政婦なら日常的に英語に触れることができ、子供の英会話力アップにつながります。子供のみならず大人も英会話の勉強になることも人気の理由です。

 

 

 

 

フィリピン人家政婦の英語が人気の理由

 

フィリピンの母国語はタガログ語で、英語は第二言語です。幼少期から英語教育を受け、高校や大学では英語で授業が行われることが一般的のため、英語のコミュニケーション能力には問題がありません。

 

 

 

さらに、フィリピン人の英語は日本人には非常に分かりやすい話し方をするのでストレスなく学べます。

 

 

 

 

日常会話が身につく

 

子供が小さい頃などは、ネイティブの発音を聞かせたいという方は多くいます。家政婦を依頼すると、基本的に週に1回数時間自宅で作業をします。英会話は、作業をしながらも可能なので、家政婦の邪魔にならない程度に会話をすることが可能です。

 

 

子供にとって、普段の生活の中で英語に触れることは非常に貴重です。実際に、フィリピン人家政婦を雇うことで、日常常会話レベルの英会話は身につくことが可能です。

 

 

 

普段何気ないシーンでの生の英語を学ぶチャンスともいえます。

 

 

 

 

 

フィリピン人家政婦は欧米・シンガポールなどで活躍しているので、流湯長な英語を話す人は多い

 

フィリピン人の家政婦は、欧米、シンガポール、香港など世界的に活躍しています。

 

 

 

特にフィリピン人家政婦の場合は、近隣ということもありシンガポールで活躍している方が多くいます。シンプルでわかりやすい英語で、国家資格の与えられた家政婦が、丁寧な仕事をするのですから、世界的に家政婦としても人気がでている理由が納得できます。

 

 

 

 

日本の常識も心配ない

 

外国人ということで心配されるからも少なくないでしょう。しかし、当社では身元も安心なスタッフを採用しています。また日本家庭におけるルールや常識についても研修を行っています。料理に関しても、日本食も対応可能です。

 

 

 

外国人であっても、日本人家政婦以上のサービスを行いますのでご安心ください。

 

 

 

 

しかし中にはフィリピン人スタッフの教育を十分に行なっていない会社もありますので、事前に必ずチェックすることをおすすめします。

 

 

 

家事をしてもらえるだけでなく、英語教育もしてもらえる、一石二鳥のフィリピン人家政婦

 

依頼した家事をこなしてくれるのはもちろん、子供への英語教育をと考えている方にもおすすめのフィリピン人家政婦ですが、「外国人だしなぁ・・・」と毛嫌いせずに、まずはその魅力を知るところから始めてみませんか。

 

 

家事の負担を減らせるだけでなく、ご家族にとってもメリットがたくさんあります。ぜひ一度お試しください。

フィリピン人家政婦