家政婦とホームヘルパーの仕事内容が似ているだけに混同する方も多くいます。

 

 

その違いをしっかりと知っておけば、いざ依頼するときにどちらを利用すればよいかがわかるでしょう。違いについて紹介します。

 

 

 

 

 

 

ホームヘルパーはサービス内容が法的に決められている

 

家政婦とホームヘルパーとはお客様の家庭に入りサービスを提供する仕事という点では似ていますが、家政婦とホームヘルパーとは本質的に異ります。

 

 

 

家政婦は提供するサービスは家事全般が対象です。

 

 

 

一方ホームヘルパーの仕事内容は決められたケアプランにより行われるもので、法的に決まった内容になります。

 

 

 

 

費用の点でも、家政婦はサービスの対価となる賃金に交通費、手数料などがプラスされた金額です。一方ホームペルパーの場合は市区町村により異なりますが、基本的な自己負担学は1割となります。(場合によっては2割になることもあります)

 

 

 

 

ホームヘルパーは有資格者が行う

 

ホームヘルパーは、都道府県知事の指定する訪問介護員養成研修の過程を終了した認定資格がないと従事できません。一方家政婦の場合は、ホームヘルパーのように資格は必要なく、一般的な家事をこなせるスキルがあればできる仕事です。

 

 

また、家政婦は誰でも依頼が可能ですが、訪問介護を受ける方の場合は要支援認定や要介護認定が必要となります。

 

 

 

 

料金の差について

 

ホームヘルパーが行う訪問介護は、介護保険の下で運用される制度です。

 

 

 

保険は公的な資金ですので、自治体の指導を受け、サービスは一定の制約や決まりごとがある中で行われます。

 

 

 

それに対して、家政婦は、お客様と家政婦派遣行業者との契約となります。金額は会社によっても異なりますが、基本的に時間給で計算されます。

 

 

 

 

サービスについて

 

ホームヘルパーと家政婦は、どちらも家で行うことが中心となります。ホームヘルパーは、高齢者や障害がある方を対象に日常生活の援助を行う仕事です。

 

 

 

内容としては、掃除、洗濯、買い物、食事などの家事から、着替えや入浴のお手伝いなども行います。

 

 

 

なお掃除については基本的に対象者のいるスペースとなるため、家族が同居している場合は、家族の共有するスペースなどの掃除は行いません。

 

 

 

洗濯や食事の準備についても同様です。

 

 

 

一方家政婦は、掃除、洗濯、買い物、食事などの家事が中心です。対象は依頼を受けた家となるため、家族全員の食事の準備や洗濯などを行います。

 

 

 

ただし、家政婦は高齢者や障害がある方の介助となる仕事は行わない場合がほとんどです。

 

 

頼みたい仕事内容によってホームヘルパーか家政婦かを選ぼう

 

ここまでホームヘルパーと家政婦の違いについて解説してきました。

 

 

 

基本的にホームヘルパーは介護の専門職にあたり、対象者は援助が必要な方であり、サービス内容が決められています。

 

 

 

一方で家政婦は家庭に関するさまざまな仕事を頼むことが可能です。

 

 

この違いをきちんと理解することで、業務依頼をするときにどちらを選べばよいのかわかります。

 

あなたの今必要なことは何かを明確にし、検討をしましょう。その上で、家政婦を選ぶ際は各社のサービス内容を詳しく把握することも重要です。当社ではフィリピン人スタッフによる家事サービスを提供しています。フィリピン人スタッフは高い技術を持つことで今注目されています。当社スタッフは厳しい研修を受けたスタッフですので安心してご利用いただけます。少しでもご興味があればぜひ一度お試しください。

洗濯物