皆様こんにちは。
ピナイ家政婦サービス編集部です。

毎週月曜日は大人気の「フィリピン現地の情報」をお届けいたします。

 

マニラ郊外の家政婦育成学校へ

 

さて、今回の視察の主目的だった家政婦(家事代行スタッフ)を育成する学校の視察ですが、タイトなスケジュールの中、コーディネーター様のおかげで3カ所ですが廻ることができました。

 

家政婦育成学校付近の街並み

家政婦育成学校の写真は残念ながらお見せすることができないのですが、5階建てくらいの建物でしたでしょうか。

各フロア毎にキッチン、ベッドルーム、バスルームなどが分かれており、細かくトレーニングすることが可能です。

チラっと拝見することができたマニュアルには、英語、中国語、日本語などの言語が細分化されており、各国の(例えば、チャイナドレスのアイロンの仕方など)文化・慣習が細かくプロットされていました。

 

下記の写真は、視察でお伺いした施設の一つですが、マニラの雑多な雰囲気とは一線を画され、非常に閑静な住宅地にありました。

(写真一枚目は付近の写真。東京で例えますと、成城学園に近いと思います!)

 

世界で活躍するフィリピン人家政婦

 

我々は、世界各国で活躍しているフィリピン人家政婦という一種の「ブランド」が育成されている現場を初めて目の当たりにしました。

家政婦育成学校からマニラを望む

我々が事業ドメインにしているのは外国人(フィリピン人)スタッフによる家事代行です。

(語弊を恐れずに言いますと)フィリピン人家政婦さんがピナイ家政婦サービスで唯一の「商品」になります。

お客様へ送り出すスタッフが、我々の全てと言っても過言ではありません。マナーや挨拶、日本文化との融合など様々な条件が求められますが、実務スキル(家事の代行)は根幹であると考えています。

 

そのスキルを徹底的にトレーニングする専門学校の存在を現場で拝見し、改めて身の引き締まる思いの視察団一行だったのでした。

 

(写真二枚目は、家政婦育成学校の屋上からマニラ市内を望む)

 

関連ブログ記事

フィリピン・マニラの台所、カルティマール市場に行ってみよう!について紹介しています  ピナイ家政婦サービス