皆様こんにちは。
ピナイ家政婦サービス編集部です。
 
本日は本場フィリピン料理のご紹介です!
タイ料理やベトナム料理、シンガポールのマレー料理や香港、台湾の中華料理。
 
東南アジアの国々の料理は私たち日本人にはすっかりおなじみでレストランもよく見かけますよね。
でも、意外と日本には浸透していないのが「フィリピン料理」。
 
そういえば、これがフィリピン料理の代表!定番の人気のメニューなどと言ったものはすぐには思い浮かびませんね。
 
でも、意外や意外。フィリピン料理はとても奥が深く、おいしい個性派メニューが多彩なのです。
 
7,000もの島で構成されるフィリピン。
北は台湾、南はマレーシアやインドネシア、東は、パラオ、グアム、サイパンへと歴史と文化の道はつながってきました。

 

 

そんな太平洋のど真ん中に位置するフィリピン。

 

さまざまな隣国の影響を受けながら、植民地として統治されていたスペイン、そして近年ではアメリカ及び中国の食文化が入ってきて、そのような混沌とした影響を受けながらも独自のフィリピン料理は歴史の歩みとともに生まれてきたようです。

 

また面白いのはフィリピンは沖縄と気候が近く、さらにフィリピンは琉球王国とも交易があったので、沖縄の料理と酷似したフィリピン料理もあるそうですよ。

 

さて、フィリピン料理の主要なフレーバーは、にんにく・生姜・タマリンドという、マメ科の「柿と梅干をミックスしたような味」のフルーツ・シークワーサーに似た柑橘類・玉ねぎ・酢・醤油・月桂樹や魚醤・発酵エビなどで構成された辛味要素があまりない、はっきりとした濃い味付けの煮物風レシピが多いようです。
 
また豚肉はもちろん、豚の血や内蔵を多用するのも特色のひとつだとか。
 
さらに島国家のフィリピンはもちろん魚介類も豊富、さまざまな料理があります。

 

編集部が選んだフィリピン料理ベスト5

 

それではここで編集部が選んだ、おすすめのフィリピン料理をご紹介しましょう!
 
 
①レチョン (lechon)
 
仔豚の丸焼きです。大きな串刺しの仔豚を炭火で焼いたもので現地でも人気。

お祝いの場などで出されることもありますが、レストランやショッピングモールのフードコートなどでもみんなフライドチキン感覚で気軽に食べています。

ミクロネシアの食文化の影響ではないかと言われています。また、マニラとセブ島では味付けが異なり「セブ・レチョン」が最近は人気で豚のレバーソースで食べるのが本格的だとか。
 
写真?

 

 

②カレカレ (kare kare)
 
カレカレは、そのネーミングとルックスからカレー料理に間違えられますが、実は豚肉や内蔵、野菜をとろみのあるココナッツとピーナッツ風味のスープで煮込んだもの。

バゴオンという魚の塩漬けと一緒に食べると味に独特の風味と塩味がつき、癖のある味で大好きな人は毎日でも食べたい味だそうです。
 
写真?

 

 

③パンシットカントン (pansit canton)
 
パンシットとは麺のこと、カントンというのは広東風=中国風のことらしく、いわば野菜やエビなどをふんだんに使ったフィリピン版中華焼きそばで、日本人も大好きな味。

カラマンシーというシークァーサーのような青い柑橘類を絞って、シャンハイルンピア (shanghai lumpia)という揚げ春巻きといっしょに食べるのが定番だそうで、中国系フィリピン人の方には欠かせないメニューだそうです。
 
写真?

 

④バロット (balut)
 
ある意味、そのルックスでフィリピン料理のイメージをダウンさせている一品?です(笑)。

 

写真やテレビなどでもご覧になった方もいるとは思いますが、バロットとは、ふ化する直前のアヒルのゆで卵。
まずは殻の上部を破ってスープを飲み、その後、殻をむいて、孵化しかけて卵に収まっているヒヨコを丸ごと食べます。
味は非常に美味。栄養価も高く、フィリピンの人は好んで食べます。ぜひ機会があればチャレンジを!
 
写真?

 

⑤ハロハロ(Halo-halo)
 
少しはフィリピン・フードのイメージアップを!ということで最後は後にデザートのハロハロをご紹介しましょう。

某コンビニに人気の同名のデザートがあるので日本でもよく知られているネーミングです。
ハロハロとはタガログ語で「ごちゃまぜ」という意味。

パフェのように。ココナッツ風味のムラサキイモのアイスやナタデココ、コーンフレーク、トロピカルフルーツやかき氷などが入っていて、種類もさまざま。
ハロハロ写真?

 

フィリピンの人はとにかく食べるのが大好き!

 

スペイン統治時代の影響を受け、食事は1日に5回。

3食のほか、朝食と昼食の間の「モーニングメリエンダ(Merienda)」と昼食と夕食の間の「アフタヌーンメリエンダ」があるそうです。
 
量は少なめでも、暑さにまけない、スタミナのつく元気メニューを「トゥロトゥロ」という街中にある食堂に入って、ガラスケースに並ぶ小皿や鍋料理を注文して食べるそうです。
 
フィリピンを旅行で訪れることがあればぜひ、現地の人に混じって、おいしいフィリピンの多彩なローカル料理を満喫してみたいものですね。