こんにちは。

ピナイ家政婦サービス編集部です。

 

フィリピンといえば陽気な国民性、にぎやかな音楽大好きなイメージがありますが、まさにその通り!

国民全員がシンガー!とも揶揄されるフィリピン、世界で一番自称ミュージシャンが多い国も言われ、街のいたるところに音楽があふれています。

 

電車に乗っても、バスに乗っても、乗合タクシー、ジプニーでも、デパートでもレストランでも、音楽の流れていない場所はないといっても大げさでないほど。

それもけっこう大音量。 そして誰もがカラオケ好き。しかもみんな上手なんです。

 

そんな音楽大国フィリピン、今どんな音楽が流行し、アーティストが人気なのでしょうか?フィリピンの最新音楽事情にアクセスしてきました!

 

フィリピンでは、みんなどんな音楽が好きなの?

 

まず、フィリピンのエンタメはアメリカの音楽や映画が基本。

 

というのも、フィリピンは英語圏。

またアメリカの統治下にもあったため、無数のラジオ局が現在もアメリカの新旧のポピュラー音楽を流し続けていて、ビルボードランキングに入るような音楽が主流、アメリカの音楽文化圏なのです。

 

また、若者からお年寄りまでが同じポップス系の音楽を楽しんでいますし、ライブ音楽を演奏するレストランやバーも無数にあり、演奏レベルはとても高いようです。

 

でも、フィリピンのミュージシャンはポピュラーのコピー演奏は抜群に上手ですが、オリジナルのヒット曲で勝負するようなアーティストはなかなか出てこないという実情もあります。

 

非常にたくさんの歌手が出てはすぐに消えていってしまうというこの状況、なかなかこれといったスターが生まれない、そんなゆるーい感じもまさにフィリピンらしいですね。

 

また音源なのですが、フィリピンはなんとまだラジカセがまだまだ主流!?

 

OPM(オリジナル・フィリピン・ミュージック)と呼ばれる、レコードショップのようなお店が勝手に各々注目のヒット曲を編集してカセットで販売することがまかり通っています。

編集されたテープ1本は250円から300円程度で売られているそうですし、カラオケトラック入りのテープも当たり前。カラオケではサザンや徳永英明などJ-POPのアーティストの楽曲も人気とか。

 

注目のアーティストは?さて、そんなフィリピンで今注目を浴びているユニークなエピソードを持つアーティストをふたりご紹介しましょう!

?

モールから生まれた歌姫Zendee Rose Tenerife(ゼンディー・ローズ・テネリフェ)

 

d1a85737b

 

彼女のデビューのきっかけは、YouTubeの投稿映像。世界に配信され2012年から合計400万回も再生されたのですでにご存知の方も多いかも。

 

まさに時代が生んだミラクルガールです。

ショッピングモール内のオーディオショップのカラオケ体験コーナーのような場所でいきなり熱唱をしはじめる、白いシャツと短パンのリュックを背負った、どこにでもいそうな普通の女の子。

 

フィリピンでは街中のショッピングモールでも、カラオケマシーンの販売目的で販売員や通行人がカラオケを歌っているという面白い文化があります。

 

しかし普通ではないのが彼女の奇跡的な歌唱力。すごいとしか言いようがありません。その映像がこちら。

 

 

この投稿映像がデビューにきっかけとなり彼女はなんと全米アルバムデビュー。

そのアルバム「I believe」はいきなりヒットチャートで2位になり、現在も世界で最も注目されるアーティストのひとりとして熱い視線を浴びているそうです。

売れないロックシンガーがあのジャーニーのメンバーに?Arnel Pineda(アーネル・ピネダ)

 

次はなんと、あの世界的なロックグループ「ジャーニー」のメンバーになってしまったフィリピン人ロックシンガーの話です。

 

彼もきっかけはまずYouTube。フィリピンで売れないバンドで歌っていたアーネル。

 

081613-journey-624-1376667258

 

その彼のステージをYouTube偶然にで目にした伝説のバンド「ジャーニー」のメンバーは驚愕、なんとすでに脱退してしまった元ジャーニーのボーカルのスティーブ・ペリーとまさに瓜二つの歌声だったのからです。

 

エピソードにも面白い話があります。

 

彼がジャーニーに呼ばれてアメリカ入国した際、イミグレーションで入国の目的を聞かれ、ジャーニーのメンバー(事務所)に呼ばれて、と正直に話をしたのに入国審査官は信じません。

押し問答の末、じゃあ一曲ジャーニーのヒット曲『ホイール・イン・ザ・スカイを歌ってみろ、と言われ、審査官の前でワンフレーズ歌うと、みんなびっくり。

 

入国が即許可されたという実話があります。

そして現在アーネルはジャーニーのリードボーカリストとして世界中でツアーを行っています。

 

下のYou Tube動画は、元ジャーニーのボーカルであるスティーブ・ペリーとアーネル・ピネダの聞き比べができる構成。どのくらいそっくりか、そのスゴさをどうかお確かめください。

 

その他にもアメリカはじめ世界進出するアーティストは最近増えています。ダイヤモンドの原石がゴロゴロのフィリピンの音楽シーン、これからも楽しみですね!