みなさんこんにちは。

ピナイ家政婦サービス編集部です。

今日はフィリピンのリゾートについてご紹介いたします。

『エルニド』を知っていましたか?

 

エルニド

神が創造した最後の秘境と言われる『エルニド』は、7000もの島々からなる多くのアイランドリゾートを有するフィリピンの中でも別格の美しさをもつ観光地です。

17世紀にこの地を発見したにスペイン人たちは、そのあまりにも神々しい景色に開発などに着手することさえためらい、「エルニド(海燕の巣)」という名前だけを残して立ち去ったと伝えられています。

南シナ海に浮かぶエルニド諸島の位置は海洋保護区に指定されているパラワン島北部。

小さなエルニド村とその沖合に浮かぶ約50の島々から成り立ち、500m級の大理石の岩山が海面からそびえ、あちこちに白いパウダーサンド、ココナッツ林と熱帯雨林が混在。

その景観は太古の地球を思い出すような息を呑む絶景ばかりです。

フィリピン地図

世界のセレブたちがたどり着く楽園

このエルニドには世界のセレブも夢中になってお忍びで訪れます。

映画「グラン・ブルー」で有名な伝説のダイバー『ジャック・マイヨール』もエルニドの魅力に魅入られて何度も通ったそうです。

モルディブ、タヒチ、フィジーを経て最後にたどり着く本当に『心』が泣いてしまう絶景があると言われるエルニド。

その極上のエルニドのリゾートスタイルは1島1リゾートホテルが定番。

そんな島々の中から代表的なアイランドリゾートをご紹介しましょう。

 

★ミニロックアイランド

ミニロックとは現地の言葉で“神々の島”という意味。静寂に包まれた大小2つのラグーン(ビッグラグーン&スモールラグーン)はとても神秘的。

この世のものとは思えない静寂に包まれた、大小2つのラグーンを持つ神秘的なリゾートです。宿泊施設は29棟31室で、うち7室が水上コテージ。フィリピンきっての美しいパラワン海でのダイビング、フィッシング、水上スキー、ウインドサーフィン、シーカヤックなど、さまざまなマリンスポーツが楽しめます。

ミニロックアイランド

★ラゲンアイランド

昔人魚が住んでいたという伝説があるラゲン島。海はとにかく綺麗で、珊瑚礁のスノーケリングを満喫できます。ラゲン島の西側の入り江にあるリゾート。水上コテージ18室を含む51室があり、広さもアメニティもデラックスクラス。ダイビング、シュノーケリング、フィッシング、水上スキー、ウインドサーフィン、シーカヤック、アクアバイク、バードウォッチングなどのアクティビティが充実しています。昔人魚が住んでいたという伝説があるラゲン島。海はとにかく綺麗で、珊瑚礁のスノーケリングを満喫できます。

 

★ビガンアイランド

干潮の時だけ現れる白砂の道。白い蛇のようであることから、別名『スネークアイランド』と呼ばれています。

t02200326_0550081613003615616t02200327_0430064013003615617

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エルニドへの行き方

日本から絶海の秘境エルニドに行く場合、マニラからエルニドのリオ空港までは、シーエアまたはリゾートの専用機で約1時間20分。空港からリゾートまではボートで約40~50分。

また最近、セブ島からもエア・スイフトが新しく運行を開始しはじめています。

またパラワン島の中心地プエルトプリンセサまで行き、バスや乗合のミニバンに乗って6時間前後の地上移動でエルニドをめざす方法もあります。

 

いかがでしたか?

神が創造した最後の秘境エルニド。一生に一度は絶対に行ってみたい楽園ですね!