こんにちは。

ピナイ家政婦サービス編集部です。

今回はフィリピンの庶民の食事情「カレンデリア」についてご紹介します。

もし旅行でフィリピンを訪れたら、私たちはホテルで朝食を食べたり、観光地の有名なレストランに行ったりと、なかなかフレンドリーなフィリピンの庶民、ロコたちとテーブルを一緒にできる機会は少ないかもしれません。

でも、フィリピンの庶民の皆さんは、たとえばランチとか、夕方仕事が終わってちょっと飲もうよ!とか、どんな場所でどんなものを食べたり飲んだりしているのでしょうか?
今回はそんな素朴な疑問を徹底調査。
もし機会があれば「こんにちは」、とか、「一緒に食べていいですか?」とか「その食べ物は何ですか?」、「おいしいですか?」とか、簡単なタガログ語を勉強してフィリピンの庶民食堂に飛び込んで入ってみて素敵な現地時間をすごしてみませんか?

フィリピンのローカル食堂「カレンデリア」探訪

さて、フィリピンの人たちが通うローカル食堂といえば「カレンデリア」。
カレンデリアという言い方はセブなどで主流。マニラ周辺などでは同じような食堂を「カンティーン」と呼んだりするそうですが、この食堂、日本で言えばいわば「定食屋」でしょうか?

calenderia

shop

 

お店の基本は屋台の発展系だそうで、多くが家族経営。何品ものフィリピンの典型的な家庭料理のおかずが入った大小のお鍋が並んでいて、その中からお好みを何品かよそってもらい、白ご飯やサバオというフィリピンのお味噌汁的なスープといっしょに食するというスタイルが基本です。

びっくりなのはそのお値段。
2~3品のおかずとご飯、スープで日本円で200円もあれば十分というのですから驚き。
ぜひこんなフィリピン食堂に出会ったら立ち寄ってみたいですね。

サンミゲール・ビールってどんなブランド

現地で働く庶民はともかく、このような店にはたいてフィリピンの圧倒的人気のビール、サンミゲールも置いてあるそうです。
ちょっと涼しくなった夕方近く、おいしそうなオープンエアのカレンデリアを探して、おいしいフィリピンの家庭料理をつまみにサンミゲールで、隣のロコのお客さんに話しかけたりしてのんびり宴会気分で楽しむのもいいかもしれませんよね。

ところで、フィリピンビールとしてあまりに有名なサンミゲール。そのサンミゲールは、マニラのサンミゲル地区、今で言うところのマラカニアン宮殿の敷地内に東南アジア初のビール生産会社として1890年に設立されたそうです。日本ではまだ明治が始まったころですね。
その後、アジアの代表的ブランドに成長。フィリピンのビール・マーケットの約90%のシェアを占めており、1990年にはフィリピンのGNPのおよそ4%を担う巨大企業に成長しているそうですよ。

bier

フィリピンロコたちの家飲みは?

さて、もっとカジュアルに、フィリピンの連中の家飲みは?
実は暑いフィリピン。みんな開け放した家の道端で勝手気ままに飲み始めます。
人気のサンミゲールは地元価格で一本20ペソ、50円くらい。

男共が集まり、道端に小さなテーブルと椅子を並べて、友人や家族、勝手気ままに飲み出します。
つまみは日本で言うところの「やきとん」。豚のいろいろな部位を串に刺して焼いて売っています。
だいたい道を見渡せばあちこちでおばちゃんやおじちゃんが小さな屋台で必ず店を出しているそうです。
値段は一本20円とか30円。
独特の味付けのお酢をつけて食べるそうです。
また豚のかわりに鶏を使ったやきとりやから揚げも人気だそうですよ。

bbq11

いかかですか?フィリピンの庶民の味、庶民の飲み。
ぜひぜひチャレンジしてみてください。
ただ、お腹が弱い人は要注意だそうですよ(笑)

 

 

関連ブログ記事

飲み好きの方必見!フィリピンの定番から独特なお酒を一挙公開!について紹介しています  ピナイ家政婦サービス