我が家だけでしょうか、言わなければ分からない夫

この記事を書いた人
ピナイ家事ラボ編集部

ピナイ家政婦サービスが運営している「ピナイ家事ラボ」の編集部です。日々、家事代行のお仕事で得た様々なノウハウを皆さまに発信していきます。

夫婦生活の中でもめる原因になりやすい家事の分担は、育った環境や性格・価値観の違いですれ違う事がよくあります。

そんな、夫婦の中で家事分担に悩むEさんに執筆頂きましたのでご紹介致します。

妊娠中「言わなければ分からない夫」の言動に生じた違和感

職場結婚した夫との間に、待望の第一子を授かったのは、結婚して二年目のことでした。

末っ子長男として育った夫は、少し子どもっぽいところはあるものの、優しく大らかな性格で、私たちは、喧嘩と言えるほどの喧嘩はしたことが無い、仲のよい夫婦でした。

関係性が変わったのは、妊娠七ヵ月目のことでした。妊婦健診で切迫早産と診断された私は、自宅安静を言い渡されてしまったのです。

簡単な家事なども極力おこなわず、家で寝ておくようにと指示されてしまった私。その日のうちに夫に報告すると、『仕方ないね』と返ってきました。

その後に続いた言葉は、『俺のご飯は自分でどうにかするから、気にしないでゆっくり寝ていてね』でした。

その時ふと、違和感が生じました。

『いやいや、誰もあなたのご飯の心配なんてしていないし』

『私たちの子どもが、危険な状態なのにごはんの心配なの?』

『あなたのごはんはともかく、私のごはんはどうするの?』

『私、絶対安静って言ったよね?その意味、ちゃんと分かっているの?』

ニコニコしている夫を前に、何から説明すればよいか分からず、私は頭を抱えました。

  • 自宅安静中は、トイレとシャワー以外はなるべく動かないよう言われていること
  • 夫の食事はもちろん、自分の食事を作ることさえできないこと
  • 当然、掃除や洗濯などのその他の家事もできないこと

これらを改めて噛み砕いて説明し、夫の反応を待ちました。

すると夫は、『分かったよ!それで、俺は何をすればいいの?』と、ニコニコ

いやいや、今言ったでしょうよ。

炊事洗濯掃除を、しばらく私はできない。

つまり、それらをあなたにお願いしたいのですよ。

全てを言葉にしないと分からない夫が、今までの夫とは別人に見えました。

夫は言わないと分かってくれない

それでも、根が素直で優しい(と、その頃は思っていた)夫は、説明に根気は要ったものの、最後には私の話を理解してくれ、家事を請け負ってくれました。

夫は、料理は得意ではなかったため、食事はほとんどスーパーのお惣菜でしたが、それでも夫なりに、頑張ってくれているのかなと思っていました。和惣菜を中心に買ってきてほしい旨を伝えると、きちんと実行してくれました。

お風呂掃除も担当すると宣言してくれたため、おなかの張りが辛くて、しゃがむ姿勢をとれなくなってしまっていた私は一安心。優しい夫に、心から感謝しました。

しかし

ある日、ふとトイレに立ったとき、何気なくキッチンに目をやると、汚れたタッパーの山が、シンクに積み上げられているのが目に入りました。水に浸けることさえされず、食べた後の姿そのままに積み上げられているタッパー。

当時は夏場だったため、心なしか異臭が漂っている気がしました。

え、これはいったい何?

捨てていないの?

洗ってもいないの?

水に浸けることさえしていないの?

なんで?どうして?

 

愕然とした私は、慌ててボウルに水を張り、カピカピになってしまったタッパーの山を洗い、生ごみを処理しました。

帰宅後、夫に問いただしたところ、『もう少しいっぱい溜まってから、洗おうと思っていた!』とのこと。

「いやいや、十分溜まっているし、まず水に浸けておかないと、カピカピになるから二度手間になってしまうし、残飯処理だって、その日のうちにしないと不潔だし、虫がわくこともあるから」

そう説明すると、夫は、『教えてくれてありがとう!』とニコニコ笑っていました。

そして、そのやり取りから数日後

今度は、シャワーを浴びていたとき、お風呂の排水溝から水が逆流してくるという事件が起こりました。

(余談ですが、私はその当時、安静のため、週に二回ほどのシャワーしか浴びていませんでした。)

慌てて排水溝の蓋を開けると、フィルターにびっしりと髪の毛が溜まっていました。

 

あれ、なんで?

 

夫は、『お風呂もピカピカに掃除しておいたよ!』と、毎日得意げに報告していたのに…。

夫の帰宅後に確認したところ、夫は、浴槽とフロアを擦って流してはいたものの、排水溝を開けたことは、人生において一度も無いことが判明しました。結婚後から、家事は全て私が行っていたため、夫がここまで家事に関して無知だと、それまで気づかなかったのです。

この人、今までどうやって生きてきたのだろう?

私と出会う前は、一人暮らしだってしていたのに…。

見慣れた夫の顔に、未知の生物と遭遇したような恐怖を感じました。

『言われないと分からないよ!』

『だって知らなかったから!』

というのが、当時から現在まで続く、夫の口癖です。

私は、夫と共同生活を続けなければならない事実に、めまいさえ覚えました。

しかし、妊娠期間中は、それでもまだマシだったのです。

本当の恐怖は、出産後から始まった

そんな紆余曲折の末、長男を出産した私。

一週間の入院を終えて、息子を抱いて帰宅すると、ニコニコ顔の夫から、

『やっと帰って来てくれたね!これまで本当に長かったよ。もう動いて大丈夫だよね?

妊娠中はずっと我慢していたから、今日は飲みに行ってきていいよね?』

と言われました。

………。

えっと、今日?

 

よりによって、わが子が初めて家にやってきた、今日?

今日じゃないとダメ?

産後の妻を労わる気持ちも無いし、わが子を一緒に育てる気もないの?

 

と思いましたが、妊娠中、ずっと(とは言え、最後の三ヶ月間だけでしたが)家事を任せていた負い目があったため、何も言えずに許可してしまいました。

 

そんな風に、納得のいかないスタートを切ってしまった我が家の育児でしたが、始めは思ったより順調でした。順調すぎて、拍子抜けしたほどです。

言わなければ何一つ分からない夫であると念頭に置き、きちんとやり方さえ教えれば、ミルクも作ってくれるし、オムツも替えてくれるし、できる範囲で、指示待ち状態ではありましたが、手伝ってくれました。

しかし、ある日、子どもの夜泣きで寝不足で、昼間は抱っこをねだる子どもの相手で疲れ、夜ご飯を用意できなかった私。

夫に、『今日は疲れているから、夜ご飯は用意できなかった』とメールすると

『え、なんで疲れているの?仕事しないで家にいて、子どもと遊んでいるだけなのに…』

 と、返ってきました。

あれ?私、夜泣きがひどくて寝不足だって言ったよね?

最近抱き癖がついてきて、毎日腕がパンパンになるまで抱っこしているって言ったよね?

この人、子育ての大変さも理解できないし、それによる疲れさえ、きちんと説明しなければ分からない人なんだ…!

夫の鈍感さと、他者への共感力の無さに、私は寒気を覚えました。

それでも、私自身が夫の言動に脱力するだけで済んでいたうちは、まだ可愛いものでした。

私が、本気で夫を怖いと思ったのは、息子がつかまり立ちを始めた頃のことでした。

ソファにつかまり立ちをし、よじ登るのが好きだった息子。

いつもは、息子をベビーサークルに入れて、家事を行っていたのですが、その日はたまたま、夫がいてくれたため、ベビーサークルの中には入れず、夫が息子を見ていました。

『ちょっと見ておいてね』と夫に頼み、皿洗いをしていたところ、開始から五分も経たずに、息子はソファから落ちてしまいました。

幸い、息子の容態は大したことなかったのですが、私は夫を責めました。

『どうして見ていてくれなかったの!?』

と詰る私に、夫は神妙な顔をしました。

『ちゃんと見ていたよ!でも、まさか落ちるなんて思わないじゃないか!なんで、落ちるかもしれないって教えてくれなかったの!?

………。

そんなことさえ、言わなければ分からないのか。

似たようなことは、その後も幾度となく起こりました。

夫は、『ちゃんと言ってくれないと分からない』と繰り返すばかり。

その都度こんこんと説明しても、また同じようなことが起こると、『先に言っていてもらわないと分からない』

今では息子も大きくなり、そう簡単に怪我はしなくなりましたが、いまだに、息子と夫二人きりで過ごすのは、許可できない私がいます。

こんなにも、『何もかも言わないと分かってくれない夫』は、我が家の夫だけでしょうか。