家事代行サービスの特徴

家事代行サービスはどこまで依頼できるのか。ご家庭の要望は多種ありますが、家事代行サービスで出来る範囲の業務は資格や法律、責任範囲の中で適切に対応しております。例として介護について、介護保険法で決められた身体に触れる業務「身体介護」については対応することが出来ません。ヘルパー資格が必要となり、スタッフによっては取得している場合もありますが、介護を標榜したサービスでは無いので、基本的に「身体介護」を希望されるお客様はお断りしております。このように、家政婦さんにはどこまでお願いできるのか。同じ清掃業でもハウスクリーニングやルームクリニーニングサービスとはどう違うのか。詳しく違いをまとめております。

ハウスクリーニングと家事代行の違い

清掃員との違い

ハウスクリーニングは業務用の機材や特殊な洗剤・技術を使って、普段の家事で手がとどない箇所(エアコンやキッチンの換気扇など)を掃除するサービスです。自分ではどうにもならない汚れを一気に落として欲しい方にはオススメです。
またあまりに汚れや散らかり具合がひどい場合も家政婦さんではなく、ハウスクリーニングをご依頼されることをオススメします。(いわゆるゴミ屋敷の場合ですね。)あくまで日常の“家事を代行する”のが家事代行、特殊な状況のお掃除を行うのがハウスクリーニングだとお考え下さい。

家事代行はハウスクリーニングと違う

kajidaikou6

家事代行は英訳するとHouse Keeping(ハウスキーピング)になります。そのままの直訳で理解すると家を保つ業務と言えます。これは難しい表現になりますが再生産労働という行為にあたります。
ハウスクリーニングといえばエアコン清掃が代表的ですが、毎週エアコン掃除しているご家庭はそう多くないですよね。
(やろうと思えば)ご自身で出来る事を、代わりにやるのが家事代行です。それゆえに批判的な表現で「楽をしている」と指摘されるようなサービスです。家事代行サービスを希望される方は、日常のご自身で出来る事を他者に依頼するのですから、それ故の”理由”が存在します。生活にゆとりが欲しい、共働きで手が回らない、子育てが大変で今だけ手伝って欲しい、仕事に集中したい、独り暮らし始めたが家事が分からない、手助け出来ない自分に代わって妻にプレゼントなど、事情は様々ございます。
家事代行は、日常生活にゆとりを持ってもらう唯一無二のサービスだと私どもは信じております。

家事代行・家政婦サービスのピナイTOPへ

お気軽に
お問い合わせください

Feel free to contact us!
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

お客様に安心してご利用いただけますよう、
ご質問やご不明な点にも丁寧にお答え致します。
まずはお気軽にお問い合わせください。

0120-989-033
受付時間 9:00〜18:00
(土日祝日・年末年始を除く)

※お問い合わせの際は
「家事代行」または「民泊」どちらかの
ご用件かをお伝えになるとスムーズです。

お問い合わせフォーム
お問い合わせフォームからのお問い合わせ

必要最低限の項目をご入力頂くだけで結構です。
メールでのご返答も承りますのでご質問や
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。