一人暮らしに適した家事代行サービスとは?依頼時の注意点やポイントも解説

一人暮らしに適した家事代行サービスとは?依頼時の注意点やポイントも解説

この記事を書いた人
ピナイ家事ラボ編集部

ピナイ家政婦サービスが運営している「ピナイ家事ラボ」の編集部です。日々、家事代行のお仕事で得た様々なノウハウを皆さまに発信していきます。

「家事代行サービスは共働きや子育て家庭のもの」と思っていませんか?

そういったイメージを持たれる方も多いかもしれませんが、実は一人暮らしの人にもかなりおすすめです。

 実際、男女問わず一人暮らしの利用も増えており、満足度も高いようです。

「家事代行を頼みたいけど、一人暮らしだから気がひける…」「一人暮らし男性で頼むことに抵抗がある」と心配しなくても大丈夫です。

むしろ、他に頼れる人がいない一人暮らしの方こそ、家事代行サービスを使うと快適な毎日を送るメリットが多くあります。

・家事が苦手で家が散らかり放題

・休日は家事に時間をとられたくない

・バランスのとれた食事を作ってほしい

・定期利用か単発利用で迷っている

毎日の家事でお悩みの一人暮らしの方、どうぞご参考にしてみてください。

一人暮らしの家事代行利用が増えている背景

一人暮らしに適した家事代行サービスとは?依頼時の注意点やポイントも解説

急激に需要が高まっている家事代行サービス。

一人暮らし世帯の家事代行サービス依頼も増えていますが、その背景はどんなものがあるのでしょうか。まとめてみました。

テレビドラマの影響

家事代行がポピュラーになったのは、テレビドラマの影響が大きいでしょう。

「逃げるは恥だが役に立つ」「私の家政婦ナギサさん」はどちらも高視聴率を叩き出していた人気ドラマで、一人暮らしの依頼者と、家事代行スタッフの恋愛模様が話題になりましたね。

多くの人が2つのドラマをみて、家事代行サービスを身近に感じるきっかけになりました。特に、依頼者が一人暮らしという設定だったため、一人暮らしの方に影響力があったと言えそうです。

家事をアウトソースするという価値観の広がり

少し前まで、「家事代行(家政婦を雇う)は富裕層のもの」というイメージがありました。

しかし、最近は共働き家庭の増加や家事代行価格の低下、生活スタイルの多様化により、多くの人が家事をアウトソーシングするようになりました。

印象的なのは、富裕層や共働き家庭だけではなく、働き盛りの一人暮らし世帯が利用するようになったことです。

以前であれば、家事のアウトソーシングは「贅沢」、「家事は自分でやるべきもの」と言われがちでしたが、時代の流れや価値観の多様化により誰でも当たり前に依頼できるようになったのです。

家事は誰でもできるものではなく、家事が苦手な人もいれば、やりたくない人やその時間を他に使いたい人もいます。

誰にでも得手不得手があるように、家事が得意な人も苦手もいますよね。家事が苦手な人や、多忙で家事まで手が回らない人は、得意な人に任せたほうが生活の質は上がるでしょう。

 自分でやるより短い時間で効率よく家事を済ませてもらえるため、その時間で仕事をしたり趣味や好きなことに時間を使うことができます。

家事代行を利用した人の多くは、その快適さに驚きリピーターになる人が続出するほど…。リピーターには数年前から利用し続けている人もおり、その中には一人暮らしの人も多いのが印象的です。

【参考記事】家事代行利用歴3年の私に語らせてくれ

SNSでは上記のような記事が多くシェアされています。家事をアウトソースすることはポピュラーになっており、一人暮らしからファミリー層まで、幅広い層に利用されるようになっています。

一人暮らしこそ家事代行サービスがおすすめの理由

一人暮らしに適した家事代行サービスとは?依頼時の注意点やポイントも解説

幅広い層に利用されている家事代行サービスですが、実は一人暮らしこそおすすめの理由があります。

具体的にみていきましょう。

・自分の時間ができる

・短時間で圧倒的にキレイになる

・動線が良くなる

・生活の質が上がる

・運気が上がる

・汚部屋がリセットされる

・栄養バランスのよい食生活ができる

自分の時間ができる

家事代行を頼むと、自分の時間を確保することができます。そしてその自分の時間は、趣味、勉強、仕事、睡眠、買い物、美容院、おでかけ…など、好きなことに費やせるというわけです。

せっかくの休日も、たまった家事に追われあっという間に1日が終わってしまう…。こんな経験はありませんか?

家事代行を依頼すると、貴重な休日を失うことなく有意義な自分時間にすることができます。

短時間で圧倒的にキレイになる

家事代行スタッフは家事のプロ。

プロに頼むと、掃除や整理収納のノウハウを活かし、短時間であっという間にキレイにしてくれます。

一人暮らしの場合は、他に頼める家族もいませんよね。1人ですべてやろうとするより、家事のプロに頼めば確実に短時間でキレイにしてくれるでしょう。

動線がよくなる

整理収納のノウハウを持った家事代行スタッフに依頼すると、足の踏み場もないような部屋も、動線良く使いやすい部屋に仕上げてくれます。

特に、初めて利用した時は、見た目のきれいさだけでなく動線のよさに驚くでしょう。

一人暮らしだと部屋がコンパクトな分、収納しづらかったり、モノが増えても収納量が足りない、その結果こまめに整理していないと動線も悪くなりがちです。動線が悪くなると、イライラしながら毎日過ごすことになり、家がくつろげる場所ではなくなってしまいます。

また、モノを取り出すたびに他のモノが落ちたり、うまく取り出せない、最終的にはしまうことも億劫になりどんどん散らかっていく…といった悪循環になってしまうでしょう。

定期的に家事代行スタッフに片付けてもらうと、動線のよい状態をキープすることができるわけです。

生活の質が上がる

きれいに片付いた動線のよい部屋は、生活の質をあげてくれます。

  • きちんと整理され探し物をしなくてすむ
  • 必要なモノが手に取りやすくなる

このような生活を手に入れることができます。散らかった部屋にいると、人間はイライラすると言われており、次第に生活の質が下がっていきます。部屋が散らかっていると、片付ける気が起きませんし、精神的にも良くない影響を及ぼすというわけですね。

断捨離をしたり、ミニマリストになってモノが少ない生活をすると精神的に安定し、生活の質が上がるのはそういった背景があるからです。

家事のプロに家を片付けてもらうことで、生活の質があがると言えるでしょう。

運気が上がる

モノを減らし、掃除が行き届いた風通しの良い家は、運気があがると言われています。

逆にモノが多いと風通しも悪く、掃除もしにくいですよね。たくさんのモノと、ホコリや汚れの多い家は、運気を下げてしまうので注意が必要です。

汚部屋がいい例ですね。

家事代行スタッフに定期的に掃除や片付けを頼めば、常に運気の良い家をキープできます。つまり、自宅がパワースポットになると言えるでしょう。

汚部屋がリセットされる

汚部屋になってしまうと、簡単にキレイな状態には戻りません。キレイな状態になるまで、かなりの時間が必要になるでしょう。

家事代行スタッフなら、汚部屋も短時間で見事にキレイな状態にしてくれます。たった2~3時間でキレイに整えるだけではなく、使いやすい収納にしてくれるおまけつき。

汚部屋に慣れてしまうと、その後ますます汚くなってしまい、衛生的にもよくありません。定期的にプロに頼み、汚部屋をリセットしてもらうのがおすすめです。

※家事代行サービス会社によっては汚部屋やゴミ屋敷は対応していない場合がありますので、事前にご確認することをおすすめいたします。

栄養バランスの良い食生活ができる

一人暮らしだと、食生活がおろそかになりがちですよね。自炊をせず、外食や市販のお弁当、お惣菜ですます人も多いでしょう。

しかし、そうなると栄養バランスが心配です。

そんな一人暮らしの人こそ、家事代行スタッフ(料理代行)に頼みましょう。

家事代行スタッフなら、家庭料理や栄養バランスを考えた料理を作ってくれます。作り置きを頼めば、一人暮らしなら数日間分の料理を準備することもでき、美味しく健康的な食生活をおくることができますよ。

一人暮らしに適した家事代行サービスのポイント6選

今や、さまざまな家事代行業者やサービスがありますが、すべてが一人暮らしに適しているわけではありません。

一人暮らしの方が利用しやすいポイントをおさえた会社に依頼しましょう。

そのポイントはこちらです。

・不在時に依頼できる

・短時間から依頼できる

・トラブル対応がしっかりしている

・直前予約が可能・時間の融通がきく

・事前にスタッフ情報がわかる

・同じスタッフの定期依頼が可能か

一人暮らしの方が利用しやすいポイントを、具体的にお伝えします。

不在時に依頼できる

家事代行を頼む時は、不在時に依頼できるかどうか確認しましょう。

仕事やプライベートを楽しんでいる間に、家事代行をしてもらえれば時間を有効に使えます。

また、「家事代行スタッフと顔を合わせる必要がないので気楽」というメリットもあり、多くの一人暮らしの方が不在時に依頼をしています。

不在時の依頼ができないと、依頼者は必ず在宅していなければなりません。一人暮らしだと、留守番を頼める人もいませんから、不在時に依頼できる家事代行業者を利用するのがおすすめです。

短時間から依頼できる

家事代行業者によって依頼できる時間は異なります。

1時間から依頼できるところや、3時間単位のところなどさまざまです。

一人暮らしの場合、ファミリー世帯に比べると自宅がコンパクトな傾向があり、短時間の作業ですむ場合が多いでしょう。「このエリアだけ掃除してほしい」「水回りの掃除だけで充分」など、短時間で依頼できると時間を余らせることはありません。

ムダな出費を抑えたり、時間を有効に使うためにも、短時間から依頼できる業者がおすすめです。

トラブル対応がしっかりしている

家事代行を頼むと、思わぬトラブルに遭遇することがあります。

一般的なトラブルは、物損・破損でしょう。もちろん、家事代行スタッフがわざとモノを壊すことはありません。

作業中にうっかり食器を割ってしまったり、床を傷つけてしまう…などの事例が大半ですが、そうなった場合はスタッフが弁償したり壊したモノを直す必要があります。

家事代行スタッフと依頼者で協議し解決できればいいのですが、中には弁償金額が高額になり、双方だけでは解決が難しい場合があります。

そんな時に頼りになるのが、間に入っている家事代行業者です。

トラブル対応がしっかりしている家事代行業者であれば保険に加入しており、物損時に対応してくれたり、間に立ってトラブルの解消をしてくれるため安心です。

依頼者と家事代行スタッフどちらにとっても、トラブル対応がしっかりしている業者を選ぶことが大切と言えるでしょう。

直前予約が可能・時間の融通がきく

「明日急に来客の予定が入った」「予約時間の変更をしたい」ということがありますよね。

そんな時に、柔軟に対応してくれる家事代行業者を選びましょう。

しかし、中には対応していない業者もあるので、HPで確認したり事前に問い合わせて確認することをおすすめします。

事前にスタッフ情報がわかる

初めてのスタッフが来る場合、どんな人なのか気になりますよね。家事代行スタッフのスキルや人柄はさまざまです。

同じ業者のスタッフでもスキルは十人十色…年齢、家事歴、得意な家事などを知った上でサービスを受けたいですよね。

片付けを頼みたいなら整理収納アドバイザー資格を持ったスタッフに、作り置きをしてほしいなら料理が得意なスタッフにお願いしたいものです。自分が依頼したい内容が具体的であれば、あらかじめスタッフ情報がわかると満足度向上につながります。

そのため、事前にスタッフ情報がわかるサービスを選びましょう。

同じスタッフの定期依頼が可能か

家事代行を頼むにあたり、スタッフとの相性は大事なポイントです。

相性が良く、「そのスタッフに継続してお願いしたい」と感じた場合、指名制度や定期依頼ができるか確認してみましょう。

中には、指名は有料になる業者もありますが、同じスタッフに継続して頼むことはたくさんのメリットがあります。

利用する前に、確認しておくとよいでしょう。

家事代行依頼時の注意点

直接自宅にスタッフが来てくれる家事代行、とても便利で快適なサービスですが注意点もあります。

・掃除道具は自分で用意する必要がある

・よく起きるトラブルに備える

具体的にお伝えしていきます。

掃除道具は自分で用意する必要がある

一般的に家事代行サービスでは、スタッフは掃除道具を持参せず、その家庭にあるものを使って作業します。

ですので、掃除道具は依頼者が準備しておく必要があります。

自分で掃除や片付けをしないからといって何も準備しないでいると、スタッフが来ても作業することができませんから注意が必要です。

エリアごとの洗剤や漂白剤、スポンジやトイレブラシ、クロスなど、家事代行業者のマニュアルに沿って、必要な掃除道具を準備しておきましょう。

参考)家事代行ご利用時に用意していただきたい掃除道具一覧

よく起きるトラブルに備える

先ほども触れましたが、家事代行サービスを利用しているとトラブルが起きることもあります。

よく起きるトラブルとしては

  • 料金のトラブル
  • 物損・破損や故障トラブル
  • スタッフとのトラブル
  • 作業トラブル
  • 盗難、紛失トラブル

これらが挙げられます。

具体的にみていきましょう。

料金のトラブル

「想定していた料金より高かった」「追加料金があとから必要になった」など、料金について依頼者が不満に思うトラブルがあります。

家事代行サービスのHPには1時間の利用料金が記載してあることが多いですが、実際は2時間〜の利用規定になっていたり、オプション料金がかかり想定以上の金額が必要になる…というわけです。

依頼者が支払うのは1時間ごとの料金以外にも、スタッフの交通費や鍵の預かり料金、キャンセル料などがあるため、これらを把握していないとトラブルにつながりやすいので利用前にしっかり確認するようにしましょう。

物損・破損や故障トラブル

先ほどもお伝えしましたが、家事代行サービスを利用していて多いのは物損・破損や故障トラブルです。

家事代行スタッフは一生懸命作業していますが、やむを得ずお客様のモノを壊してしまったり、設備を故障させてしまうことがあります。

それを防ぐために、壊してほしくないものがある場所は依頼しない、大事なものはケースに入れてしまっておくなど、依頼者側も気をつける必要があるかもしれません。

スタッフとのトラブル

家事代行スタッフの急なお休みや遅刻などが原因で、トラブルになることがあります。

スタッフも独身から子育て中の主婦、シニアのベテランスタッフなど、状況はさまざまです。子育て中の主婦スタッフの場合は子どもが体調を崩し、急な早退や欠勤になるケースも。また、子育てが終わったベテランスタッフであっても、介護や自身の体調変化により遅刻する可能性もあります。

依頼者とスタッフがお互いの生活背景を理解し、信頼関係が築けていれば大きな問題にはなりませんが、初めてのスタッフやスポット依頼の場合はトラブルになってしまうかもしれません。

事前にお互いの生活背景を伝え合い、そういったリスクがある可能性がある、ということを頭に入れておきましょう。

作業トラブル

家事代行スタッフが依頼者のニーズに応えられなかった場合、依頼者が不満に感じてトラブルに発展しやすいです。

スタッフが依頼者のニーズを汲み取れず、優先順位を間違えて作業してしまい、仕上がりに満足してもらえないパターンが代表的です。

家事代行は「決められた時間内に依頼者の希望通りの仕上がりにする」ことが大前提。

しかし、短時間で依頼者の希望すべてを叶えることは難しいので、毎回優先順位を決めて作業する必要があります。

定期利用の依頼者宅であれば、「今回できなかった分は次回重点的におこなう」ことができますし、依頼者との信頼関係もできているので、大きなトラブルにはなりにくいです。

しかし、スポット依頼の場合は、その日に満足してもらう必要があるため、時間配分や優先順位づけをした作業が必須。「作業前の打ち合わせやコミュニケーションが、トラブルを回避するのに大切」と言えるでしょう。

盗難、紛失トラブル

家事代行は、スタッフが依頼者の自宅や職場に行って作業をおこないます。不在時に作業することもあり、モノがなくなった時に真っ先に疑われてしまうことも…。

このトラブルを防ぐためには、スタッフは何か持ち歩く場合は透明のポーチに入れる、依頼者は大事なモノは閉まっておく、などの対策をしましょう。

スタッフも依頼者も、盗難や紛失が起きないよう気をつけることが大切です。

まとめ

一人暮らしに適した家事代行サービスとは?依頼時の注意点やポイントも解説

家事代行は一人暮らし世帯にこそおすすめの理由や、家事代行業者の選び方のポイントをお伝えしました。

富裕層や共働き世帯、子育て中のファミリー層に人気がある家事代行ですが、今や一人暮らしの方も定期的に利用しています。

性別も年齢もさまざまなので、「男性の一人暮らしだから気が引ける」「一人暮らしなのに贅沢と思われそう」などを気にする必要はありません。

男女問わず一人暮らしでも利用者が増えており、今後さらに需要が高まりそうです。

・生活の質が上がる

・栄養バランスの取れた食事がとれる

・休日を自分の好きなことに費やせる

・家事をする必要がなくなる

など、一人暮らしの人が家事代行を利用するメリットがたくさんあることがわかりましたね。頼れる人がいない一人暮らしの方こそ、家事代行サービスで快適な生活を送ることができるでしょう。

同時に、家事代行スタッフと依頼者のトラブルも報告されています。しかし、お互いにコミュニケーションをとり、信頼関係を築くことでトラブルは防ぐことができます。

生活の質を向上させたい一人暮らしの方、ぜひ家事代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか。